• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事なので、楽譜は増える一方なのは当然だが、ただ増やしていけばいいというものでもなく、ある程度の方針のようなものがある。

例えば、自分としては、バッハ、ショパン、ドビュッシー、などに関しては、これまで使用してきた楽譜や既に持っている曲の楽譜の関しても、研究が古かったり、実用的に向かないものもあり、気が向いた時に買いたしているが、その買い足す版は、ある程度決まっている。

ベートーヴェンは、今のところ買い足しの予定はあまりない(ソナタ全巻などは、複数種類を既に持っているため)。
ラヴェルは、昔から使っているデュランのみというわけにもいかないので、買い足すこともあるが、どの版を主軸とするのか、2種類を少し迷いながらの買い足し。
モーツァルトは、以前から使っている楽譜は、実はあまり良いものではないとわかっているが、実用的にあまり困っていないのので、買い足しの優先順位は、今のところ自分の中では高くない。

そして、楽譜を揃えることに、版の方針がほとんどなく、気がついたらバラバラになってしまっているのが、シューマン。
下の写真は所持楽譜の一例。



左から、全音の標準版(アラベスク)、ウィーン原典版(子どもの情景)、ヘンレ版(ウィーンの謝肉祭の道化)、ブライトコプフのクララ・ケンプ版(幻想小曲集など)、音楽の友社の原典版スコダ校訂(子どものためのアルバム)。

全音はそれほど研究が行き届いてるようにも感じていないので、シューマンに関してはこれからは買うことは少なそうだ。ただ、最近の全音はラフマニノフやリストなど、充実した楽譜も出しているので、シューマンの将来は一新されることも考えられる。

ウィーン原典版は、シューマンに関しても良い楽譜だと思うので、これからも選択肢の1つ。ただ、ソナタなどは現時点では出版していないようだ(自分は、ソナタ2番はヘンレで弾いた)。

ヘンレ版は、楽譜の内容の質としてはよくわからない(?)が、自分としては珍しく、シューマンの楽譜選択で迷った時の、第1か第2の候補となることが多い。

ブライトコプフ社のクララ・ケンプ版は、演奏の参考にはなりやすいと思うが、原典版ではないので、これのみを揃えていくということにはならないと思う。

音楽の友社は、現在は白い表紙のシリーズとしては、シューマンはこれ1冊しか出していないようだ。今後新標準版シリーズとしてシューマンを出版していく予定は、あるのだろうか。

ということで、シューマンの楽譜に関しては、今のところバラバラな状態で、出版社がバラバラなので、曲は重複していたり、または抜けているものもあったり・・・他にも、例えばハイドンなどが、この状態かもしれない。

結局、生徒さんがシューマンを弾く場合には、全音でも良しということにしている・・。
スポンサーサイト
全音や音楽之友社が出している作曲家ごとの普通の楽譜、輸入版ではヘンレ社やシャーマー社などの楽譜も、基本的にどの作曲家の楽譜でも基本的にはデザインは同じで、統一されている。

基本デザインが出版社で決まっていると、書棚に並べた時にきれいに整列してわかりやすいが、時には少し変化のある表紙の楽譜もいい。

ということで、今回は手持ちの中から2冊を紹介。
右、鵜崎庚一作曲「風がうたう歌」(カワイ出版)
左、ロシェロール作曲「ロマンシング イン スタイル」(kjos)



どちらの曲集も、その作曲家の初中級から中級程度の小品集で、魅力的な曲が入っている。
しかも、表紙がとても鮮やか。

鵜崎庚一氏の曲は、フランスの影響を感じさせるような雰囲気と響きの曲が多く、しかも譜読み的にはそれほど面倒にはならないような配慮も感じれるので、フランス近現代作品をあまり弾いたことが無い方や、邦人作品をあまり弾かない方にもおすすめ。
中盤以降の曲は、多声の譜面になっているものもあるのが面白い(少し難しい)。

アメリカのロシェロールも、フランスの影響をかなり受けている作曲家で、ペダルの入れ方も細かく指示されていて、独特の響きを作っている。
しかし、この曲集に関しては複雑ではなく、シンプルで歌いやすいメロディーラインなので親しみやすい。

ということで、表紙で買ったわけではないが、自分のレッスンレパートリーから2冊を紹介してみた。
出場できる?シリーズは、少々話が重たいので、所持楽譜の中から、おすすめだったり、実用的だったり、少し珍しい物などを紹介のシリーズ。

第3弾は、ピアノ練習の定番でもあり、人によっては永遠の課題(?)である、バッハ「インヴェンションとシンフォニア」楽譜の写真を。


自分は他にも持っているが、一応使用頻度の高い3冊を今回は紹介。
写真の右から、カゼッラ校訂版、ベーレンライター原典版、中井正子校訂版。

カゼッラ校訂版は、名ピアニストでもあったカゼッラがインヴェンションとシンフォニアの実際の演奏に役立つように、運指やデュナーミク、フレージングのスラーやアーティキュレーションを細かく書き入れている楽譜で、内容はカゼッラの時代なので、少々古い。
装飾音符に関しては、全てのトリルやモルデントなどが実音符にされていて、しかもその実音符にしてくれているのが現在の研究から考えるとほとんど間違っているので、バッハの装飾音符の弾き方を学ぶことは、このカゼッラ校訂版では出来ない。
ただ、デュナーミクについては、1つの例としては参考になるし、指使いは時々「これは使える」と思えることもある。
また、時々、アーティキュレーションなども、ありえないような不思議さがあるが、これはこれで面白い。

ベーレンライター原典版は、日本語版のライセンス版も出版されているので、使っている方も多いと思うが、自分が持っているのは、ベーレンライターにしては少々珍しく、指使いが書いてある輸入版。
原典版は国内、海外を含めるとかなりの数があるが、ベーレンライターは研究が進んでいて最も信頼性の高い原典版であり、しかも指使いがある版で、さらに装飾音符も入れ方もバッハの原則通りになっているのが、指使いを見れば理解できて納得。
レッスンで、生徒さんの手に合わせた指使いなどを考えたり、入れる装飾音符、今回は入れなくてもいいだろう装飾音符などの判断も、まずはこの版を見て、それから他の版を見比べるので、基本となる1冊。

中井校訂版は、インヴェンション、シンフォニアがそれぞれ別々の冊になっていて、今回の写真はシンフォニア。
1曲1曲について、小鍛冶氏の解説が充実していて、学習の意図を理解しやすいように説明されている。
そして、実際の演奏をしやすいように、デュナーミクやスラー、指使いなどを中井氏が入れている楽譜で、スラーなどのつけ方は、カゼッラ校訂版などとはかなり違っていて、こちらの方が馴染みやすいような印象。
ただし、時々「あれっ?なぜここは・・・」と思うようなスラー、スタッカートなども無いわけではない。
指使いは、結構優秀で、この通りで結構弾けるが、奏者によっては違う楽譜を参考すると良さそう。

では、生徒さんには、どの楽譜を買ってもらうかというと・・・実はウィーン原典版が多いだろうか。最近は全音の市田版の生徒さんも。
ある程度良質な原典版で、しかもできるだけ低価格ということも考えると、そうなるわけだが、レッスンでもいろいろと見比べることができて面白い。

ちなみに、自分は小学生頃から、某社の「インヴェンションとシンフォニア」で学習されられてきた。
原典版風味の楽譜であり、一応、装飾音符の入れ方、実際のフレージングの考え方などの解説も書いてあったが、今の感覚では正直言ってあまり良くない内容。
だが、いろいろと書き込みもあるので、今でも時々は見る機会がある・・・。
所持楽譜の中から、おすすめだったり、実用的だったり、少し珍しい物などを紹介。
第2弾は、以前にテクニックの練習などで触れたような気もするが、GARTWNLAUB の「Preparetion au dechiffrage Pianistique」を。
下のような橙色の表紙になっている。



内容は、難しいテクニックへの準備練習という位置づけなので、テクニック系の本に分類していいと思うが、特徴的なのは、メロディーのようになっているような、なっていないような感じで課題がつくられていること。
そして、少し弾きづらいような動きやリズムになっていて、特に8分音符と3連符、3連符と16分音符などの組み合わせの課題は、これをやっておくと効果的(下の写真)。

gartenlaub02.jpg

他にもいろいろなリズムの組み合わせや、小節線の無い課題などもあるので、そうしたリズム練習を少し加えてみたい方にもおすすめです。
所持楽譜の中から、おすすめだったり、実用的だったり、少し珍しい物などを紹介。
第1弾(?)は、アメリカのAlfred社のMasters of French Piano Music(下の写真)。

Alfred

内容は特別な物ではなく、フランスの作曲家のピアノ作品~ ラモー、ドビュッシー、ラヴェル、シャブリエ、アルカン、サティなどの小品集。
これらの作曲家の作品集は、特にドビュッシー、ラヴェルについては同じ曲の楽譜を2種類以上持っているし、シャブリエやサティなども、既に所持している楽譜と曲目が重複しているのだが、このフランス小品集の参考になるのは、やはりペダルと指使い。

特にペダルが、演奏者が実際に使うようなペダルになっているように感じるし、ドビュッシーなどは、箇所によっては数小節間踏み変えしないペダルをつけていて、他の箇所細かく踏み変えのペダルを提案しているのが参考になるので、他の楽譜と比較すると面白いし、そうして参考になったペダルや指使いなどは、他の曲目でも応用できる。

曲目は、他にショーソン、ゼブラック、ドリーブなどの小品が入っていて、60ページほどの分量で、確か1,500円しなかったように思う。
フランス物は普段はあまり弾かないので楽譜を持っていない方、フランス小品の楽譜をまず1冊揃えたいという方にもおすすめ。
楽譜をある程度まとめて買う時期が、自分の中では1年の中に2,3回あるが、そのうちの1回がこの時期。
と書けば、おわかりの方もいると思うが、あの某全国系コンクールの課題曲が発表され、手持ちに無い楽譜を準備することになる。

このコンクールは、地区予選で必ず近現代を弾くので、毎年、知らない曲が絶対に入っている(時には、コンクールに合わせて、これから出版などということもある・・)。
特に、B級、C級は、近現代だけではなく、クラシック(古典)、ロマンなども微妙な曲(?)が入っていたりするので、持っていない曲も毎年数曲・・・
自分は、コンクールに眼の色を変えて賞をとらせるような指導者ではないが、出場希望の生徒さんは毎年いるので、今年も、B・C級を中心に、既に5冊を買い揃えてみた。

逆に、D級以上になると、所持している曲が断然多い。
それは、バロックもクラシック、ロマンも、だいたいは定番的な作品が課題曲になっていて、それらは当然ながら自分もかなり弾いてきた作品達だからだろう。
D級以上も近現代は、自分も好きで弾いてきた作品も多いので、楽譜も持っていることが多い。
D級以上も、あとは、近現代の邦人作品で、さすがにこれは知らない曲が、3曲ほど今年も並んでいるが、必要性から言って、今回の購入計画は今のところ無さそうだ。

さて、生徒さんのために選曲となると、D級以上は、だいたい生徒さん自ら選曲もできるようになって欲しいので、自分が選曲に気を使うのは、やはり主にC級以下ということになる。

B級の近現代は、4曲から選べるが、自分の好みで言えば、フランス物のこの曲。
だが、自分のところの生徒さんには、ちょっと合っていないかもしれないので、出場が何人であろうと、おそらく邦人作品から選ぶことになりそうだ。
B級の他の時代は、バロックは定番系なので、どれでも良さそう。
クラシックが微妙・・・長めの曲を避けてみようか・・。
ロマンは、どれを弾いてもそれほど難しくはないが、自分の生徒さんには、しっとり系をおすすめしてみよう。

C級の近現代も4曲から選べるが、ペダルの使い方や響きやセンスに高度なものを要求されるこの曲、難しくはないが独特の快活さの楽しい曲、流れのあって発表会などでも弾かれる邦人定番、表現力の問われる邦人の比較的新しい曲。
自分の生徒さんには、普通に考えると邦人作品のうちの1曲・・・だが、1名の生徒さんには、違う曲をあえて弾かせてみたい気もする。
C級の他の時代は、定番が多いが、難易度にはちょっと差があるので、選択には少し注意が必要だが、自分はC級の生徒さんには、地区予選ではインヴェンションを組み合わせることが多いので、それほど迷うこともない。
ただし、今回はインヴェンションではない(正確にはインヴェンションまで到達していない・・)生徒さんもいるので、やはり迷っている・・・。
先日、
「先生の楽譜のところは、ギロックたくさん持っていますね~」
と、小学生の生徒さんに言われた。
ギロックは、だいたい同じ楽譜出版社から出ているので、楽譜の棚にまとまって並んでいて、そのスペースのあたりを見るとギロックは多いように見える。

だが、数えてみると10冊。
それほど「たくさん」というほどでも無く、ショパンやバッハ、ドビュッシーなどの方が冊数は持っているし、冊数ではなく単純にページ数で考えてみると、2種類以上のソナタ集を持っているベートーヴェンやモーツァルトの方が多いということになりそうだ。

しかし、ギロックの冊数をある程度持っているというのは、ピアノ指導者に特有のことかもしれない。
子供の頃からギロックを弾いている人でも、おそらく2,3冊くらいの方が多いのではないだろうか。

他にも、ピアノ指導者だからある程度の冊数を持っているという作曲としては、カバレフスキーやグルリットといったところが当てはまりそう。
これらの作曲家の作品は、弾いていて楽しく、上達に役立つものも多いが、ピアノを長年継続している人でも、習ってきた指導者によっては全く使わないこともあると思うので、あまり馴染みが無い人もいるかもしれない。

自分も、最近はカバレフスキーがレッスンで登場する機会は、あまり多くは無い。
譜読みも苦にならず、結構面白い作品もあるのだが、ギロックなどの方が演奏効果が高い曲が多いので、生徒さんに選んでもらうと、どうしてもカバレフスキーは不人気のようだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。