• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンで「もっとよく聴いて」などと言われ方があるだろう。自身の演奏をよく聴くことができているのか、というのも、基礎力のようなものだろうか。
やはり困ってしまうのは、曲を通して演奏して全くミスもなく弾けているのに、バランスが非常に悪くて音楽として成り立っていないような演奏をしてしまう人だろう。
そんな演奏をする人に
「左手の伴奏をもっと小さく」などを指示して、その場では一時的に少し良くなったり、伴奏は小さくするものだと覚えてたとしても根本的な解決にはならないし、「もっとピアノを音をよく聴いて」などと言ってみても、ほとんどの場合あまり効果は無いように思う。

それはどうしてだろうか。また登場する白髪爺さんに言わせると
「聴こえている世界が違うからだろうな」
ということになる。
優秀な耳がつくられる過程は人によって違うだろうが、やはり素晴らしい音楽を聴くことによって少しずつ耳がつくられていくことが多いだろうし、意識することによってかわってくるだろう。
そして、良い音楽を知っている耳を持つ人は、ピアノを弾くときに瞬時にバランスのとれた音楽をつくりあげてしまうことが多いように思う。
もちろん、感覚だけでは対処できない音楽もたくさんあるのだが、「聴こえている世界」の違いは簡単な曲を弾いたときにも、明確に差が出るものであり、指を速く動かすことなどよりも大切なのかもしれない。
スポンサーサイト
ピアノを弾く基礎や基本という言葉に関して昨日書いたが、やはり普通一般に基本というと、「ピアノを弾く技術上の」という意味だろうか。
確かに、長年ピアノを弾いている人が習いに来たときでも、「この方は大きめの曲を弾いているけど、弾き方を基本的なところから見直しをした方が良いのでは」と思うことはある。

では、そんな生徒さんに出会ったときに、「基本」を身に付けていただくために、どんな練習が良いのか。
一般的に基礎練習のように思われているツェルニーが良いのか、それとももっと他の練習曲が良いのか。

おそらく何を弾いても良いのだろう。ツェルニーを徹底するのもひとつの手段かもしれない。
だが、ここでまた登場するのが白髪爺さん教授。
「おまえはもっとベートーベンを弾け。基礎の無さを実感すると同時に、基礎力が着実に向上する。それからシューベルトだ」
という言葉は、自分は毎回のように何度も言われた。
その時は、他にも弾きたい曲がたくさんあり、白髪爺さんの言葉を納得できなかったが、確かにベートーベンはピアノを弾き方があまり良くない方に勉強になるし、そして本当に実力がつく。「ピアノ曲を弾く」という底力のようなものがアップする感じだろうか。
もちろん、できるだけ良い指導者のもとで弾いた時の話だが。
意味があいまいだと思いながらも、つい使ってしまう言葉に「基本」や「基礎」というのがあるように思う。
例えば
「あの人はピアノを弾く基本ができていない」
「基礎力が足りない」
などという感じで言われることも多いだろうか。

ピアノや音楽の「基」とはどういうことだろうか。ピアノを弾く上での基本と言われても、結構漠然としているようで、また存在しているようでもある。
おそらく一般的な意味としては、良い姿勢で、手や指に余計な力が入らずに弾けていて、鍵盤をある程度コントロールできていて、譜読みはミスも少なく、レガートで弾けて、指はある程度は動きが良く・・・など、ようするに弾けているかというのが、基本といったところだろうか。

だが考えてみると、今あげてみたことだけでもしっかりと実行するのは、かなり難しい。基本でもあり高度でもありそうで、先日まで書いていた「あの手の彼女」のような領域でも通じるものがある。
つまり、ピアノを弾くということの、広く高度な意味での基本というのは、「あの手の彼女」くらいにピアノを自在に弾けることなのだろう。

それが、ピアノの基礎力なら、ピアノを弾いているほとんどの人は、基礎力が無いことになってしまうが、基礎や基本というものは、どんな世界でもそういうものかもしれない。ピアノの基本は、曲の難易度の上がると同じように、何年もかけて積み重ねていくようなものであり、普通は高度な基本を完全には身に付けることは難しい。

だから、ピアノの指導者に「あなたは基本ができていない」と言われたとしても、落胆することはないのでは?おそらくその先生も、基本ができていない(可能性もある)。
そして、普段レッスンで使われることが多い「基礎」や「基本」というのは、「基礎がおろそか」とか「基本練習」のように、どちらかというとあまり良いイメージの言葉でもない感じがする。
自分も時々使ってしまうけど。
ピアノだけではないが、音楽のレッスンというのは結構独特の言葉を使っていて、それに慣れてしまっていると、その言葉が普段はあまり通じない少し変な日本語だとことも、忘れてしまっている時がある。
自分も、大人の初心者や小学生などには平易な言葉の使用をこころがけているつもりだが、それでも音楽言葉がつい口から出てきてしまうことも。

だが、気をつけて使わないようにしている言葉もいろいろとある。例えば「違う」や「間違い」といった言い方。やはりあまり良い響きではない言葉なので、できるだけ使わないようにしている。
譜読みミスで違う音を弾いている時は、「ここの音、確認してください」と言う方法にしている。

音楽では他にも意味がありそうで、よくわからないような「レッスン用語」のような言い方というのはあるだろう。そんなことも少しずつまた考えながら書いてみようと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。