上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、練習会は適度に話もできたり、またいろいろと皆さんからも演奏の感想なども出て、なかなか良い雰囲気だったように思います。
参加された皆さんはどう感じられたでしょうか?

曲のポイントや演奏に、またピアノ演奏全般に対し、個別に少しお話をさせていただいたが、他の方々にも役立ちそうなことなどもあると思うので、簡単に書いておくこととします。(「モリスは、あの時あの人と、そんな話をしていたのかぁ」などと想像しながらお読みいただければ)。


手首を楽にする

手首が楽だとレガートで、しかも表現を持ったレガートが弾くことがかなり楽。
大事なフレーズが硬くなってしまう方は意識的に手首を楽にしてみる。そうすることによって、フレーズの歌い方の自在さがでてくる。

演奏動作を音楽が終わるまで保つ

これは意外に難しいことで、最後の音を弾き終えた直後に手を下ろしてしまったり、膝の上に置いてしまうのではなく、最後の音のの終わりまで、演奏動作(主に手ですが)を鍵盤上、または鍵盤からゆっくり手を放すような動作で保つ。
生演奏では、音が消えるまで、「音楽が続いている」ということを、聴き手側に視覚でも示すのことが重要。


手の交差は大胆に

手の交差がある曲では、手が交差して届く最短の距離で小さく交差してしまいがちだが、それだと意外に筋肉に余計な硬直を感じるので、時にグッと大胆に交差してみて、どんな形の交差が良いのか普段から試してみる。これは音にもかなり影響する。


体の核と重心

これは自分もそうなのだが(特に体が冷えてしまうと)、体の核となっている部分を意識して、演奏中に重心があまり高くならないようにする。
そうすることによって、演奏が安定して、フォルテ3個でもピアノを鳴らすことが出来、また弱音のコントロールも良くなる。
そのためには、演奏中の足の置き方や角度なども、いろいろ試して、どういった姿勢が最も自身の重心が安定するのが試してみることがおすすめ。
人によっては、お腹を少し前に出し気味にしたり、足をかなり開いて座ったり、左足を後ろにかなり引き気味で弾く人もいて、それなりに重心安定には役立つ。


かかとを浮かせたペダル

ハーフペダルを使いたい場合に、特に有効な手段。
ペダルは基本的にはかかとをつけて踏むが、かかと浮かせて踏むと、ハーフペダルや、もっと微妙なペダル加減がやりやすくなる。
と言っても、練習してコツをつかんでおかないと使えないので、興味のある方はお試しを。


書かれていないアルペジオ

フランス物なので、厚みのある和音だが、重くしたくない場合などに、箇所によっては書かれていなくてもアルペジオで弾いて、重くなるのを回避すると同時に、軽めのきれいな響きを演出する。
自分も、以前に公開した「月の光」の録音で、1箇所だけ楽譜には書かれていない箇所でアルペジオにしている。


まだまだあったのだが、それぞれの個別にはこのようなお話をさせていただいた。
スポンサーサイト
9月28日(日)の13:00より行われた練習会は、無事に終了することができました。
参加の皆様ありがとうございます。
また、遠くからもご参加をいただき、本当にありがとうございした。
スタジオは、練習会としては3時間予約でしたが、1時間延長して利用しました。

記憶の新しいうちに、会の様子を書いていこうと思いますが、長くなるので2つくらいに分けようと思います。
こちららは、皆さんの曲目と演奏の記事です。


皆さんの演奏された曲目を(全てではありませんが)ご紹介。名前は五十音順。
簡単に、自分の感じた印象も載せました。

アリスさん
ショパン : ワルツ7番
ベートーベン : ソナタ8番「悲愴」 より 2楽章

アリスさんは、丁寧できれいな音色をお持ちで、ショパンのワルツはリズムも良く、ベートーベンも歌心のあってメロディーラインもきれいな演奏でした。


イヴォンヌさん

メシアン :前奏曲 より 「鳩」
ショスタコービッチ : 24の前奏曲とフーガ より 24番

イヴォンヌさんは、音の出方にバランスに配慮したメシアンと、4声の旋律線に十分に気を配ってフォルテ3つの迫力もあり、ソステヌートペダルも使うなど響きにも研究されたショスタコービッチの演奏でした。


FFyusukeさん

ドビュッシー : 前奏曲集第1巻 より 亜麻色の髪の乙女
ドビュッシー : ピアノのために より トッカータ
バッハ : インヴェンション6番など

FFyusukeさんは、音のバランスに配慮の利いたドビュッシー「亜麻色~」と、同じくドビュッシー「トッカータ」のような難しい曲を、十分な技術力と丁寧さで弾かれていました。
さりげなく披露してくださったバッハも素敵でした。


とらいあんぐるさん

ショパン : ノクターン8番
ブラームス : 間奏曲Op118-2
シューベルト : ソナタ13番 より 1楽章

とらいあんぐるさんは、歌い方の自在さと左手の抑制の利いたショパン、メロディーラインの絡み合いなども意識された深い音色のブラームスが素敵でした。
シューベルトは、従来レパートリーで久しぶりとのことでしたが、シューベルトらしい歌心の素敵な演奏でした。


まりはんさん。

ショパン : ノクターン1番
ショパン : エチュードOp25-2
ショパン : 前奏曲15番「雨だれ」
ショパン : ポロネーズ3番「軍隊」

まりはんさんは、ノクターンではある程度抑制の利いた自然な歌い方、エチュードもいろいろと研究しながら、「雨だれ」ではピアニシモからフォツティッシモまでの幅広い表現で、そしてポロネーズはリズム感良く迫力もありと、オールショパンで、ショパン弾きさんらしい素晴らしい演奏を聴かせてくれました。


モリス

マイケル・ナイマン : Big my secret
ショパン : ノクターン13番
ラヴェル : 古風なメヌエット
マクダウェル : 森のスケッチ より 鬼火
ドビュッシー : 前奏曲集 より とだえたセレナード

自分は、日程も以前から決まっていたのに、ちょっと準備不足な演奏を聴かせてしまったが・・・
マイケル・ナイマンくらいだろうか、まあまあまともだったのは。ドビュッシーは従来レパートリーで新しくないですし。
ノクターンは、自分で弾いていても、オクターブの連続で心拍数が上がる(緊張という意味ではなく、運動的に)のを、その後になかなか止められないのが、難しいところ。皆さんにお聞きした意見のように、かえって淡々と弾いても、それらしく聴こえる曲かもしれないですね。
ラヴェルは、一足先に来て弾いていた12:30頃は調子が良かったのですが、体が冷えてしまったその後は、変な演奏に。

(会の費用についてですが、こうした企画に参加が初めての方もいることや、普段のレッスンの延長とは違うので、実際にやってみないとどういった内容の会になるのか、自分としてもわからない部分もあるため、事前に参加者のお1人と一緒に検討した結果、今回は単純にスタジオ代を人数分でわる費用ということにしました)
春頃に考えた練習会企画も、もう明日です。
具体的な日程を決めてからは、結構早く感じたかもしれません。

本当は、自分自身の練習も含めて、もっと事前に準備をすることがたくさんあったようにも・・・
でも、まずはやってみることにも意義はあると思うので、今回は気軽な雰囲気で、しかも充実した会になればと願っています。

では明日、皆さんの演奏を楽しみにしています。
このモリスのワンポイントレッスンつきピアノ練習会」は、無事終了しました。
参加いただいた皆様ありがとうございました。

日程は下記で決定しています。

日時:9月28日(日) 13:00~16:00

場所:都内の貸しスタジオ(予約済み)

場所の詳細は書きませんが、都内練馬区です。

参加費用は、スタジオ代+ワンポイントレッスン代(少しの程度)を予定していますが、おそらくお一人様4,000円程度です。
現在のところ、自分を入れて6名ほど(都合が未定の方1名を含む)ですので、
あと1名くらいの参加の方を募集しております。
自分は、当時は普段着の楽な服装の予定ですの、よろしくお願いいたします。

日頃ここをご覧いただけている方で、興味がある方は、開催日の2日前までに、この記事にコメント、またはメールフォームを用意したので、お気軽にどうぞ。
これまでに、コメントを頂いたことがない方でも、もし興味があればお気軽にご連絡ください。

定員は特にありませんで、直前の参加希望でも大丈夫ですが、弾かれる曲目はできるだけ事前のお知らせをお願いいたします。

参加予定の皆さんが弾く可能性のある曲を、重複を気にされる方がいらっしゃるかもしれないので、把握次第随時書いていきます(これらの曲が全て弾かれるとは限りません)。
これから新たに選曲して練習される方は、参考にしてください。
他にも、候補曲のお知らせをいただいていますので、ほぼ決定したら追記載していきます。
現在のところ、参加予定の方の重複曲はありません。


ショパン : 前奏曲15番「雨だれ」
ショパン : ポロネーズ3番「軍隊」
ショパン : ノクターン1番 Op9-1
ショパン : ノクターン8番 Op27-2
ショパン : エチュード Op25-2
ショパン : ワルツ7番 Op64-2
ベートーベン : ソナタ8番「悲愴」 より 2楽章
ドビュッシー :ピアノのために より トッカータ
ドビュッシー :前奏曲集1巻 より 亜麻色の髪の乙女
メシアン : 前奏曲集 より 「鳩」
ショスタコービッチ : 24の前奏曲とフーガより「24番」


自分が、この会のために用意できそうな曲を書いておきます。
(都合により曲目が変更になる場合があります)

ショパン:ノクターンから1曲(リクエスト曲です)
ラヴェル:古風なメヌエット
メシアン:前奏曲集より(リクエスト曲です)
他に、ドビュッシーやバッハなどの小品や、
アメリカ物小品、イギリス物小品など、2分間レパートリーなどを準備できればと思っています。




5月の記事に、「練習会+モリスのワンポイントレッスン付き」のような会を、秋くらいに出来ればと書いたのですが、少しずつ具体化してきたので、お知らせしてみようかと思います。

日時:9月28日(日) 13:00~16:00

場所:都内の貸しスタジオ

貸しスタジオは予約を入れました。
場所の詳細は書きませんが、都内練馬区です。

参加費用は、スタジオ代+ワンポイントレッスン代(少しの程度)を予定していますが、おそらくお一人様4,000円程度です。
想定の人数は7名くらいを予想していますが、これも決まりでも何でもないので、柔軟にやれればと思っています。


前回も書きましたが、現在、非公式に打診(?)してみた方1名が、参加と協力をしてくれそうです。また、日程などの都合でまだわかりませんが、他にも興味を示してくださった方もいるので、自分としては一応やってみたいと思っています。

一人が、2曲くらいは弾ける準備ができていると、それらしい会になりそうです。
もちろん、1曲のみでもいいですし、曲の難易度や演奏のレヴェルなどは全然関係ないので、普段からここをお読みいただいている方で、面白そうだと思われた方は、お気軽におっしゃってくださばと思います。
(聴くのみというのは、基本的にはできません。参加する方は簡素な1曲でもいいですから、何か弾いていただこうと思います。練習会ですので)

定期的なサークル活動などではない単発企画なので、少し不確定要素が多いのですが、現在の状況はこんなところとなっています。
気がつけば、自分企画の練習会まで、あと5日。
今週いっぱいをかけて、少しの準備もしている(と言っても、大したことではない)。

そんな今週に限って、レッスンの日程が詰まっていたり、生徒さんの紹介があったりと、少し落ち着かない・・・。
いや、もちろん他から生徒さんの紹介があるということは、ありがたいことだが、最初のレッスンというのは自分としても緊張感があるもので、体力も精神力も結構使うものでもある。
こう見えても、体力は意外にあるので、体調を崩すようなことは無いとは思うが。

さて、練習会での皆さんの演奏は、とても楽しみ。
特に、自分が今回注目の曲が3曲ほどあり、これらの曲の演奏には特に期待している(誰の何の曲か書くと、ご本人さんにプレッシャーになるかもしれないので、ここは秘密に)。

演奏会ではないので、自分は当日は、とても楽な普段着の服装(白と赤の看板の、全国展開しているような服屋の物など)の予定。
それから、
「モリスさんは、実際会ったみたら、想像していたよりも、あまり好感の持てない見た目だった」
などの苦情は、一応無しでお願いします・・・。
先日、久しぶりにJ-POPの曲を聴きとって、ピアノ曲風にアレンジした。
以前は、J-POP物だけではなく、CMやアニメ主題歌、アニメのエンディングテーマなどをいろいろと楽譜にして、レッスンにも時々使っていたが、次第に手がまわらなくなり、しかも普通のシングルで出ているような有名曲なら、ピアノソロ譜や弾き語り譜発売されているので、最近はほとんどやらなくなっていた。

今回は、あまり有名でもない歌手(?)の、しかもシングルではなくアルバム曲の中の1曲ということもあり、
生徒さんが、
「この曲をピアノで弾きたいのですが、楽譜はやはり売っていないみたいで・・・」
と言うので、久しぶりに、生徒さんのリクエストにこたえてピアノアレンジ譜を作った。

楽曲としてはシンプルで歌とピアノ、ベース、ギターなどだったので、手順はそれほど難しくはない。
メロディーラインをだいたい聴きとって書いてから、伴奏部分のピアノもだいたい書きとる。

楽器が少なかったので、だいたいこれだけで今回はピアノ譜そのものとしても弾ける曲になり、しかも、それほど難しくなく、この生徒さんの力量と合っているのも幸いした。
生徒さんも、
「そうそう、こんな感じです」
と言って弾いていたので、喜んでくれたようだ。

レッスンでは、これをそのまま弾くだけでは面白くないので、コードの話や、伴奏はどのような形にすると、よりピアノ曲として良くなるのかを生徒さんと話し合いながら、少しアレンジをしたりなど工夫も。
この生徒さんは、まだコードさえあればすぐに弾けるわけではないが、伴奏系を変えて弾く場合にも、ただ密集和音が連続するだけの形が延々と続くのは避けるなど、少しだけ工夫ができるようになってきたみたいた。
この記事は、旧物録音のシベリウス「樅の木」を公開していました。
お聴きいただきありがとうございます。



少し前の記事で、「調律したので、何か録音でも~」と書いたので、この連休に何曲が録音したのだが・・・あまりに良くない。

そこで、以前に録音の旧物を一応公開。
昨年が記念年だったので、弾かれた方もきっと多いだろう曲です。

録音当時は、全体的にあっさりめに弾いていて、自分の現在の実演とはかなり違うのだが、いろいろな弾き方ができる曲です。
3ページで譜読みも比較的楽な曲なので、レパートリーにもおすすめの1曲。
昨年は2周年に気がつかずに通り過ぎてしまったが、今年は1日早いのですが、気がつけばここに書き始めてから3周年。

幼い頃から、紙の日記系は1週間と続いたことが無かった自分なのに、何だか不思議。
これも日頃からブログ上で交流させていただいている方々のおかげです。ありがとうございます。

交流をさせていただくようになって、いろんな方のブログを読ませていただき、ピアノ演奏や練習に対する考え方、レッスン様子などは、自分も大変勉強になっている。
専門的になるということは、逆に狭くなりったり柔軟性が無くなったりする危険性があるが、皆さんの文章を読ませていただくことによって、自分も新鮮な気分でいられるようです。

さて、今月下旬の9月28日(日)には、レッスン練習会も予定しています。
楽しく充実の会にしたいと考えていますので、約2週間後ではありますが、興味ある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声をかけてください。
信頼性の高い楽譜と、実際に使いやすい楽譜というのは違うこともある(最近は信頼性と実用性を兼ね備えた楽譜も多いので助かるが)。

例えば、今バッハを弾いているが、譜読みを開始する前は、
「今回はこの原典版でいってみよう」
とは思ったものの、結局は数日で使い慣れているブゾーニ校訂版に戻ってしまった。

お持ちの方ならおわかりかと思うが、バッハの楽譜のブゾーニ校訂版というのは、デュナーミクもフレーズのスラーやスタカートも、ペダルもシフトペダルもみんな書き込まれているので、とても使いやすい。
本来は、原典版からしっかりと勉強するのが良いのだが、ブゾーニ版は現実的な演奏の参考になる。

しかし、当然だが、研究が進んだ現在では、信頼性の高いいつくかの原典版楽譜や、使いやすい校訂楽譜や解説付き実用版楽譜などがいろいろ出ているので、ブゾーニ校訂版は良い選択とは言えないかもしれない。
だが、結局使い慣れていて弾きやすいので、今でも自分にとっては必須楽譜だと言える。
リンクさせていただいている方のブログで、「CD3枚以上を持っているピアニスト」という記事があったので、自分も影響を受けて書いてみる。
ただ、全員書くとおそらく長くなってしまうので、数人にしておく。

パスカル・ロジェ

ドビュッシーやリスト、ラヴェルなどを弾くフランスのピアニスト。
彼のドビュッシーは繊細さとピアノの鳴りを併せ持っていて好感の持てる演奏。
リストやラヴェルの難曲の録音でも、難曲とそれほど感じさせないようなところがお洒落。



ヴィルヘルム・バックハウス

自分も昔はテンペストのLPはよく聴いた。
参考にするというよりは、「これがベートーベン」というイメージが、長期間残っていたかもしれない。
ベートーベンを弾かれる方は、「悲愴」や「月光」などが入ったソナタ集のCDを、お持ちの方もかなり多いと思う。



アリシア・デ・ラローチャ

昔はこのラローチャくらいしか、スペインものの録音が見当たらなかったように思う。
アルベニスの演奏が特に冴えのある響きだと思うが、グラナドスなどはラローチャ以外の演奏が最近は好きかもれない。
スペイン物以外のCDも持っていて、特にシューベルトが良いように思う。


といった感じで、今回は3枚以上CDを持っている(LPを含む)、3名の名ピアニストさんのCDをあげてみた。
いろいろ書いているが、どのピアニストも素晴らしい演奏なので、機会があれば聴いてみてはいかがでしょう。
今日の午前は、年に何度かの恒例行事(?)とも言える、ピアノの調律をしていただいた。
今回は前回から約6ヶ月ぶりといったところ。
下は、これからアクションやハンマーなどを一つ一つ見て、作業をしようとする直前の写真。



こんな感じで見ていると、いつも、ピアノの内部は面白いと感じる。
ハンマーの溝の状態などは、1つ1つのハンマーでそれぞれが違ったり、鍵盤の深さも微妙に異なっているのも調整したり。
わずかな調整具合や室内の環境で、音は大きく変化から、調律師さんも大変なのだろう。

いつもそうだが、調律師さんに期待したいのは、音(音程)合わせそのものよりも、ハンマーや弦、アクションなどの調子を整えてもらう、つまり整音の作業。
自分も、そして生徒さんも弾くピアノだから、良い状態は必ずしも長続きはしないのだが、それでもできるだけ良い音を長期間楽しめるように、しっかりとした作業をお願いしたい。

調律されたピアノで、久しぶりに何か録音でもしてみようかと検討中。
以前に、自分の友人の音楽知識人さんに、
「へぇ~、モリスさんがショパンのノクターンかぁ。
ちょっとイメージ違う感じがするけれど・・・」
と言われてしまったが、
先日、音楽知識人さんにまた会って話をしたついでに、練習途中のノクターンや他の曲を少々弾いて聴いていただいた。

音楽知識人さんは、
「う~ん、モリスさんのショパンのというのも、まあ悪くもないかもね。
音は鳴っているから、もう少し弾けば、それなりには仕上がるんじゃない?
ただ、個人的には、前に弾いていたドビュッシーとかの方が、合っている気がするけどね」
という、微妙な感想。
だが、こんな感じに正直に言ってくれる人は、そんなに多くないので、自分にとっては音楽知識人さんの感想はありがたいし、聴いてもらえるのはいい機会だ。

その後に、他の小品なども聴いていただいたが、
音楽知識人は、
「ほうぉ~、モリスさんは、こんなアメリカの作曲家の小さな曲や、映画音楽みたいなものも弾くんだ。
何か、いろいろ弾いていて、水泳のなんとかメドレー(おそらく、個人メドレーのことだろう)みたいだね」
などと言われてしまった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。