上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ピアノ愛好家の知人と食事をする機会で、話題になってことの1つに、
「ショパンのおすすめ演奏(録音)で、誰の演奏でしょうか?」
という話だった。

ショパンは、とても多くの録音が発売されていて、今年は特に記念年ということでもあるが、「この人の演奏は絶対におすすめ」という録音をあげることは、ショパンの場合は、ちょっとした歌い方のニュアンスやバランスの違いなどで、好みが分かれてしまいそうで、もしかしたら他の作曲家よりも難しいかもしれない。

しかも、ワルツ、エチュード、前奏曲、バラードなど、曲のジャンルによっても、ポリーニやアルゲリッチなど、好きな演奏家が分かれそうでもあるが、今年はスケルツォやバラードといった曲を弾く方も多いと思うので、今や定番とも言えるカツァリスなどの有名版以外で、モリスのおすすめ版を少しあげてみる。

・ペルルミュテール(Perlemuter) ~ ラヴェルの唯一の弟子というイメージが強いペルルミュテールだが、彼はラヴェル全集の演奏よりも、ショパンのバラードの方が、合っているように思う。ちょっとした息遣いなどは、素晴らしい。スケルツォも現代のような洗練されたような演奏ではないが、音の1つ1つに気を配っている演奏。

・カール=アンドレアス・コリー(Karl-Andreas Kolly) ~ 以前にもおすすめとして書いたと思うが、バラードは、現代の演奏としては幾分抑え目のテンポだが、流れがとてもスムーズであり、無理な歌い方などの不自然さを感じさせない。また音のバランスの素晴らしさも注目。

・ルービンシュタイン(Rubinstein) ~ これも定番かもしれないが、自分にとっては、バラードやスケルツォはもしかしたらどの演奏よりも、イメージに近く聴こえるように思う。ルービンシュタインは録音が膨大にあるが、自分が今聴いているのは、ARTUR RUBINSTEIN The CHOPIN Collection というBMGから発売の11枚組のボックスCDで、バラードとスケルツォともに、録音が1959年となっている。

他にもおすすめ版はあるが、またの機会に。
スポンサーサイト
先日、ピアノ愛好家の知人と食事をする機会があった。
現在練習している曲や、練習のメニュー、練習方法、レッスンの内容など、いろいろな話が出たのだが、その中で、
「休日は、6時間かけて譜読みをした」
という話を聞いて、本当に素晴らしいと思った。

時間がかかるということは、譜読みが速くないとも言えそうだが、そこまで時間をかけられるということは、もう譜読み効率という次元の話ではなく、凄いと思う。

その後に、、
「もっと譜読みが速くできれば・・・」
という話の流れにはなったので、自分も手持ちの小曲集を出して、大きな曲を期間をかけて弾くのと同時に、1ページくらいの短い曲をどんどん弾いていくと、目が加線や和音に慣れるので、譜読みの力がアップする方法などを説明してみたが、譜読みを速くなりたいという意欲もそうだが、弾くと決めた曲に対する愛着というか、情熱というものが心の底からあって、長時間練習をできるということに、深く感銘を受けた。

やはり、心から弾きたい曲に熱中して練習するということは、素晴らしいことだと思う。
報告が遅れたが、自分は最近、ピアノデュオ演奏会に出演して、そのための練習にかなりの期間を使ったのだが、プログラムの都合上、必ずしも弾きたい曲では無く、音楽をつくりあげる方向性もうまく練り上げられなかったので、正直言って練習に気乗りしないことも多かった。

それでも、入場料をいただくホールでの演奏会でもあり、そのレヴェルまでは仕上げたつもりなので、来ていただいた生徒さんや保護者方々などからも、
「先生、凄かったです。
もう、完璧だと思いました~」
「2台のピアノというのは、迫力ありますね」
という声もいただけたので、どうやら本番は何とか乗り切ることはできたと思うが、正直言って特に前半が完璧からはほど遠く、ノリが良くない演奏になってしまったのは反省点。

「弾きたい曲でステージに出られるとは限らないのが、プロと愛好家の違いでもあるし、お客さんが聴くのは結果(本番の演奏)なのだから、それはそれで良かったのでは」
というのは、演奏会に来てくださった別の知人の話。
自分もそうは思いつつも、休日に長時間譜読みの方の話を聴き、やはり今年は心から弾きたい曲が幸いにもいくつか見つかったので、それらに集中してみようとあらためて思った。
小学3年生の生徒さんを先日レッスンしていて、
「うん、最近少し充実してきたなぁ」
と感じるようになった。

この生徒さんは、以前から毎週ある程度の量を弾いてくるのタイプなので、同年代の他の生徒さんよりも幾分譜読みも早いし、持ち曲も常に4曲でいいペースではあるが、演奏力そのものはそれほど向上していないようにも感じていた。

そこで、テクニック本は少し進んだら、複数のページをまとめて復習レッスンもしながら進むことにして、教本も少しペースが落ちてもいいので1曲の仕上がりの確実性重視。
この生徒さんにとってはとても簡単な曲集もやっているので、毎週必ず1曲は丸(まる)になって次へ進むので、ペースが極端に落ちたとは本人はあまり感じないはず(だと思う)。

そして、レッスンの中心となる曲は、この生徒さんにとっては久しぶりに手ごたえのありそうな大きな曲(と言っても3ページ)にしてみた。
3週くらいレッスンしてみた感じでは、
「指がまだまだ俊敏に動くようには弾けないから、少し苦戦気味かぁ・・・」
と思っていたが、この2週間はよく練習しているのか、16分音符の粒もそろってきて、厚い和音もよく弾けている。

やはり、大きな曲を時々やってみると、生徒さんが目に見えて成長する時があるが、同時に簡単な曲や短いテクニック課題も継続していくのが、成長のためにプラスになっているようにも思う。
2009年が、新たに譜読みして仕上げた曲(ソロのピアノ曲の意)が、少ない年だったのが書いたが、今年は少し多くしていようと思い、先日楽器店で楽譜をいくつか購入。

楽譜コーナーというのは、見ていると時間が経つのが本当に早いもので、何を弾くのか、どの楽譜を買うのか迷ってしまうものだが、今回は、リスト、アルカン、ラヴェル、と買ってみた。

ラヴェルは同じ曲を既に持っているのだが、違う校訂も欲しくなり購入。

リストも、一応持っている楽譜だが、古い版であまり良くないことは以前から気になっていたので、この機会にちょっと値段が高いが、しっかりした楽譜を用意。
この中から、まずは2曲ほどを弾こうと考えている。

アルカンは、これまでに遊び半分で1曲くらいしか弾いたことがないが、譜読みしてみて自分でも弾いてみて、レッスンでも使えそうな曲がありそうなら、少しずつ取り入れてみる予定。

今年は、既に変な伴奏(?)などはお断りしたし、気分的に練習に力を入れようと思っている。
ある程度手ごたえのある曲をいくつか仕上がった時点で、大先生の感想もいただいて、曲を手中に収めるくらいにできればと構想中。
今年のレッスンも、既に3日からスタートしたので、自分としては、もうだいたいいつもの日常のペースに近づいたようにも思う。
ただ、生徒さん達はお正月があったので、まだいつもの練習ペースにはなっていないだろう。

と思ったが、意外にもいつもと同じように練習してきている生徒さんも結構いる。
「お正月だからどこか遠くへ・・・」ということでもない限り、年末年始気分は12月31日と元日のみという生徒さん宅も多いのだろうか。

さて、今年最初の週のレッスンから。
記念イヤーでもあるシューマンを1曲ということで、「子どもの情景」より「トロイメライ」を弾く中学生。
普段からショパンやモーツァルト、ベートーベンなどもよく弾く生徒さんだが、意外にも初シューマンだった。

初シューマンが「トロイメライ」というのは、結構難しく感じると思うので、レッスン曲の順序としてはあまり良いとは言えないが(要するに、指導者=モリスが良くない・・・)、譜読みは一応できている。
だが、予想どおり、シューマン独特の横の線の流れや絡み合いといったものには、耳も指の動きも不十分なので、一つ一つ丁寧に見ていく。
さらに、ペダルの使い方も重要で、チェックのポイントは多かった。
ただ、自分が事前に想定していたよりも、生徒さんはよく健闘していて、想定していたよりも生徒さんに合っている曲のように思えた。

考えてみると、シューマンはたった1ページの曲の中にも、やることが多く、楽譜の音符をただ何となく辿っただけでは、それなりには聴こえ無い作曲家だと常々感じていて、この難しさというのは、ショパンの難しさとはまた違う質のものかもしれない。
自分も、かなり前だが、ソナタ2番を弾いた時は、外観として弾くことは一応できていても、自身の中で消化できないままに人前に演奏を出してしまった記憶がある。
しかも、演奏後は当然ながら消化不良のような気持ちが残ったのに、聴いている側には意外に評判は悪くなかったらしく、これもシューマンの不思議さなのかと、考えたものだった。
あけましておめでとうございます。

昨年は、ブログ上でたくさんの方々と楽しく交流させていただき、ありがとうございます。
また、ピアノ練習会夏では、実際に何人かの方々とお会いできてピアノを聴かせていただき、音楽の話題も盛り上がって楽しい企画でした。

今年も、普段のレッスンの様子や感じたこと、自分の練習や演奏活動などで考えたことなどを、随時書き進めながら、また考えるといった作業をやっていこうと思っています。
ワンポイントレッスンつき練習会も、まだ先のことですが、またそのうち企画しようと考えているので、構想がまとまり次第、募集をしようと思います。また連弾もやりたいですね。

自分の年明けは3日からレッスンの仕事で、その後も意外に結構レッスン予定が詰まっている時期だが、そのほうがかえって落ち着くというか、仕事ペースの乗れるので良いようにも。

だいたいこんな感じですが、今年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。