• 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめの2,3週は、ラヴェルを弾くというよりも、指、ペダルで精一杯で、響きや間の取りかた、ニュアンスなどというところまでは、気がいっていない生徒さんの演奏・・・

この生徒さん(他の生徒さんが、「エース」って言っていたので、自分は、そうは思ってもいないが、「えいすさん」といことにする)は、上級者であると断言できるほどの実力ではないが、これまでにも上級レヴェルの曲は、ショパンもメンデルスゾーンも、ベートーヴェン、グラナドス、ラフマニノフなど、様々な曲はやってきた。

えいすさんの特徴を少し書くと、指を動かす運動性能と言ったらいいのだろうか、それはかなりあるのだが、高次元という意味でのテクニックの基礎はまだまだ甘いので、時々変な弾き方をしてしまうことがある。
音楽的には、以前は古典派が合っていそうな雰囲気だったが、年齢も中学生になった頃から、もう少しロマン的なものを弾かせてみると、それらにもよく対応できている。
楽曲をよく分析するというよりも、弾いているうちに、その音楽にのれてくるタイプといった感じで、音響に対するいい良い耳を持っているのか、おそらく無意識のうちに、いい響きもつくれる。
また、譜読みは早いというほどではないが、バッハを苦にしないのも、よいところだろう。

それでも、ラヴェルとなると、少し違うのか・・・
(う~ん・・・やっぱりうまくいかないぁ・・)
という気持ちが、自分モリスの中にもあり、まあ、ほどほどに形として弾けるようになれば、一応の仕上がりとするか・・・という、あまり良くない気持ちになりつつあった。

しかし、4週目くらいから、えいすさんの演奏が少し変わってきた。
なんだろう・・・急に、「らしい響き」になっている。
アッチェレランドのところが、いい意味でも自在感がでている。
ピアニシモのところでの音響が、冴えてきた・・・。

モリス : らしくなってきたよ。

えいすさん : うん、なんか少しできてきたかな・・

モリス : だったら、ここは、もう少し、このように(演奏して)やってもいいよ

えいすさん : (軽く頷いてから、演奏)

モリス : そうそう

えいすさん : おお~なんか、よくなった


などという感じで、他の箇所も少しずつ改善をしていくが・・・

まあ、今までも、考えてみれば、そうだった。

えいすさんは、新しい曲に手をつけて、最初は全然対応できていないような演奏でも、やっていくうちに、本当にらしい演奏になってくる。
以前の、ラフマニノフやグラナドスも、そうだった。
初ラヴェルということで、さすがに、ロマン的なものよりは、少し時間がかったたが、音楽を感じでうまく脳の中でつながった時の演奏は、さすがに、えいすさんといったところか・・・

このあとも、えいすさんの2013年は、フランスものが結構続いたが、持ち前に対応力を、うまく発揮できていたのではないかと思う。
今年は、フランス系もいれつつも、リストなども弾かせてみたい。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。

昨年はあまり書けないことが多かったのですが、またほそぼそと、書いていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。

さて、新年1つは、昨年のレッスン全般に関して。
普段のレッスン様子を、随時書かなかったので、少し検証というほどではないが、まとめてみる。

上級曲を弾ける生徒さんに関しては、ラヴェル、ドビュッシーなど、自分モリスがレパートリーをしている曲を、生徒さんのレッスン曲とすることが、珍しくも多い年だった。
これは、ラヴェル「ソナチネ」やドビュッシー「ピアノのために」・・・これらの作品は、実は、意外にもというか、普段のレッスンでは、実はあまり使わないことが多かった。

このような作品は、テクニック的に独特に難しさも含んでいることもあるし、ペダルにも相当に気配りが必要であるので、やはり簡単ではない。
そして・・・これは、以前にも触れたと思うが、これらの曲については、自分もかなり主観的な見方、弾き方もあるので、生徒さんが弾いてレッスンをする場合も、どうしても客観的な視点よりも、主観が強いレッスンになってしまう傾向にある。

それが、ダメなわけではないが、自分が必要以上に口うるさくなってしまわないだろうかとか、イメージと大きくかけ離れた演奏が毎週続くとどうなんだろうとか・・・そうしたことを考えると、生徒さんのレッスン曲としては、少し避けてしまう傾向にあった。

しかし、生徒さんの希望で、ラヴェル「ソナチネ」をやることにあり、自分も最初は、あまり気乗りしないながらも、レッスン曲としてやることに・・・

最初の2,3週は・・・そう予想どおり・・・

モリス : ここのペダルは、踏み替えしないよ

生徒さん: ああ~そうだった・・・

モリス : その鳴り方だと、厚すぎかな・・・(弾いてみせて)こういう響きを

生徒さん: ええっと・・・(弾いてみる)


または、別に箇所でも、


モリス : そこは、一瞬だけ、あけて、こういうタイミング

生徒さん: う~ん・・・・


なんて、ことが頻繁にあり、自分も心の中で、
(ほら・・なんかやっぱりなぁ・・・いや、普段より、やっぱり指摘が多すぎだな・・・ポイントを、少し絞るか・・・しかし・・)
などと、考えることも多かった。

だが、その4週目くらいから、少し様子が変わってきて、生徒さんのラヴェルにも、なにか「らしさ」を感じるようになったきた(つづく)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。