• 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、春休みとういうことで、以前に他県へ転勤された生徒さんが遊びに来てくれた。
約2年ぶりに会う生徒さんは、体も大きくなり中学生らしい顔つきになっていて、見た瞬間に成長を感じたが、話してみると以前のようにすぐに打ち解けてくれて、自分としても少し安心した。

社交的な性格の生徒さんだから、新しい環境にもすぐに慣れるだろうと思っていたが、転勤前は、
「ピアノの先生はなぁ・・・(相性が)合う人見つかるんだろうか・・・」
と、少々不安げな発言もあったことを思い出す。
自分は、
「大丈夫だよ。もしもの時は、連絡くれれば、紹介もするから」
といって送り出した。

その後、生徒さんから、時々メールで連絡はあった。
それは、新しい先生を紹介して欲しいという要望ではなく、
「今は、こんな曲やっています」
というような近況が多かったので、新しい先生もすぐに見つかって、きっとうまくやっているのだろうと思っていた。

そして、2年ぶりに再会で聞いてみると・・・

生徒さん : うん、今の先生は、大きい曲もやらせてくれるし、合っていると思う。

モリス : そうか、よかった。

生徒さん : うん・・・でも、3人目なんだよね・・・

モリス : ?!・・・転勤してから、3人目?

生徒さん : うん・・・ほら・・・私って、「この曲やりたい」とか、自己主張しちゃうから、そういうのが、1人目、2人目の先生は、なんか気に入らないみたいっていうか、「その曲やるなら、これ弾いてからでしょ!」みたいに言われるのが・・・どうも・・・

モリス : ああ・・・でも・・自分も、あなたに、「この曲弾いてから」とか、「もう少し実力上げてから」って、言うこともあったのでは?

生徒さん : うん、あった・・・けど、それでも発表会に、「この曲やりたい」って言ったら、モリス先生は、「じゃあ、こっちの小品もやるならいいよ」とかって、条件付きでもやらせてくれたし。

モリス : そうだったかもね。

生徒さん : 転勤先の1人目、2人目の先生のような、「これ弾いてから、これ」っていう順序を守る方が良いのも、頭ではわかっているんだけど・・・


という話だったが、他にも気になるところがあって、今の3人目の先生になり、それで一応落ち着いたらしい。
確かに、この生徒さんは、自己主張あるというか、演奏力がそこまで高くないのに、自分の音楽感みたいなものはある程度あるので、そういうのを気に入らない指導者というのは、いることは想像できる。

このあたりの指導者と生徒さんという関係というのは、相性もあるし、微妙で難しいものなのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。