• 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手元に残してある2015年の演奏会のプログラムなどから、印象に残っているものいくつかについて。

こうしていくつかあるものを見てみると、昨年はピアノリサイタルには数回しか行っていないのがわかるが、他にもオーケストラ、声楽、室内楽、吹奏楽など、回数はまあまあ行った年だった。

まずはピアノの演奏会の1つについて。
初夏に行ったリサイタルだったが、個人的な興味というよりは、お付き合いという意味合いが強い・・・だが、そうした演奏会でも、いいものに出会うこともあるが・・・
プログラムは、本格的というよりも、小品を並べたような構成。
小品構成でも、曲順や演奏の質によっては、大変内容のある演奏会になることもあるので、そこを期待していたが、冒頭の曲から、ペダルの使い方が、なんだかまずい・・・

踏み変えのタイミングもそうだが、踏む深さを全然意識していないように聴こえてしまっていて、雑然とした響きがホール内を駆け巡ってしまっている・・・
まあでも、冒頭というのは、誰でも緊張感があるから、2曲目からは、もう少し落ち着きを取り戻すだろう・・・なんて思っていたけど、どうやらこのピアニストは、こういうペダリングをする人のようだ。

ホールの音響を、こんなに響きようにせずに、もう幾分残響を少なめにすると、まだましのようにも思うが、これもリハーサルの時に誰か指摘しないのだろうか・・・。

その後も、ペダルでベタベタになって軽快さの欠片もないスカルラッティ。
のぺら~っと抑揚のないシューベルト=リストの数々。
不思議さも謎めいた響きもないサティ。

プログラム後半は、バラバラに崩壊しそうなベートーヴェンの熱情。
音色も流れもないショパンのノクターン数曲。
などなどが演奏されたが、正直かなりつらかった。

ん・・・一応、CDなども発売されているとは・・・
いや、たった一度の演奏会で判断してしまうのももったいないから、次回聴く機会があれば、足を運ぶ・・・かもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。