• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラームス連弾の続きの続きを。
前回ように、初合わせは一応は形にはなったものの、連弾演奏という段階にまではできずに、また次回に、ということになった。

AさんとBさんの普段からの個性や、演奏のタイプなどの違いは、前回にだいたい書いたとおりが、少し補足的説明を。
2人で合わせてみると、Bさんのもたつき感が気になってきたわけだが、Aさんは音楽乗って弾けているが、実はこれは残念ながら(?)、楽譜から音楽を感じて弾けていうわけではなく、だいたい何を弾く場合でも、音源を頼りにして、そこからイメージしていくことが多い。
だから、以前は、ネット上の質の良くない音源を聴いてしまって、それに影響されたような演奏をしてしまうこともあったが、自分も、「ネット上の音源も録音物も、単に影響されたり、真似だけでは上手くなれない」ということを何度も長期間にわたって言ったので、Aさんも現在は、録音は参考程度ということは、少しずつ分かってきたようではある。

そして、Aさんが変な音源を聴いてしまう前に、自分も先手をうって(?)、AさんにCDなどを貸すことも多く、今回のブラームスも、自分の手持ちのCDを貸して、
「これを参考程度に聴いてもいいから、そこからAさん自身の音楽をもっとイメージしてみよう」
と言っておいた。

Aさんは、小さい頃からたくさんの音楽を聴く習慣がある生徒さんであり(この点は良いことだと思う)、一度「この曲はこういうイメージだ」と心で感じると、自信を持って弾いて、それをさらに発展させていく力は持っている。
さらに、譜読みが苦手で音源譜読みが好きなタイプの人は、レッスンで表現を変えるような指導をしても、一度固まってしまったイメージをなかなか変えられない場合も多いが、Aさんはそうでもなく、一度弾けてからは楽譜に注意点を書き込んでおくと、しっかり対応できるのは良いところ。

そうしたAさんは、楽譜から音楽へという段階はまだまだ苦労が多いが、仕上がり近くになってきた時の演奏は、危うい時もあるものの、「ほう・・なかなか」と感じる時もあり、初回合わせから数日後のAさんのレッスンで、ブラームスのプリモを弾いてもらい、自分は軽く合わせる程度にやってみたが、スピード感やキレのようなもの、フォルテからレッジェーロに一瞬にして変わるところなども、さらに進歩していて、自分も正直言って合わせやすい。

やはり、このAさんの演奏を活かしたデュオに仕上げたいのだが・・・(2回目合わせに続く)
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは

確かに。演奏するに当たっては、音源やCDは、上手く付き合わないと危険がともなうことがありますね。

「これを参考程度に聴き、そこから自身の音楽をもっとイメージする」

大事なことだと思います。

小学生の時、発表会でショパンのワルツを弾くことになり、サンソン・フランソワのレコードを聴きまくり上っ面ばかり真似て舞台に上がったことがありました。少し成長して、当時を思い出すと、聴いている人たちには、自分自信の音楽にしていない浅はかな演奏がバレバレだったのだろうなと思うと、とても恥ずかしくなった経験があります。
2010/10/08(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

そうですね、音源とは上手に付き合うことが大事だと思います。
「そこから、自身の音楽をもっとイメージ」というのが、幸いにもAさんは最近はできるようになってきていますが、もっと楽譜からも感じられると、さらに伸びそうです。

サンソン・フランソワのワルツは、自分も影響受けました。魅力的ですから・・・
でも、おっしゃるように、それを表面だけ真似ても、聴いている側には結構わかってしまうもので、今でも某全国規模コンクールなどの地区予選では、そうした演奏はあったりなかったり・・・。
2010/10/09(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。