• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の発表会も、無事に(?)終了した。

既に書いたように、ソロ曲のうち1曲を約1ヶ月前に変更する生徒さんがいたり、諸事情によって連弾のうち1組の組み合わせを2週間前に変更にするなどもあったが、本番は全体的には皆よく弾けていたように思う。
大人の生徒さんもソロでも連弾でも出演していただけたのも良かった。

本番を終えた直後から、生徒さん達や保護者の方々からたくさんの感想をいただいたが、今回の1つのメインでもあった(たぶん)ブラームス連弾は、とても評判が良かった。
多少危うい箇所があったのだが、スピード感のある演奏に仕上がって迫力もそれなりにあったので、AさんもBさんも一応満足の様子。
他の連弾も、ほぼ上手く弾けていたが、1つだけ終盤崩壊気味の連弾が・・・でも、これもいい思い出だろう。

ソロ演奏も、大崩れしてしまったり、途中でわからなくなってしまうような方もいなく、だいたいいつもの実力どおりの演奏をしていたようだった。
いつもの方が良かったという人ももちろんいたが、危うい演奏になっても何とか最後まで辿り着けるというのも、普段からがんばった結果だと思う。

自分は生徒さんとの連弾でまず1曲。
これは、現代作品と言っていいと思うが、旋律があるとか、そうした曲ではなく、不協和音が続くような、響きで聴かせる作品。
生徒さんが弾くプリモが完全に主役に見える曲なので、選曲としては良かったと思うし、本番もまずまずだった。

講師演奏ソロは、シューマンにしようかと思っていたが、直前になって夏の練習会でも弾いて暗譜もしている、ヴィエルヌのプロローグにした。
夏以来、弾くのは久しぶりだったが、幸いにも暗譜も維持できていて、結果的にはヴィエルヌの方が演奏効果もあり、安定していたと思うので、正解だった思う。

発表会を終えて考えたことなどは、また次回に。
コメント
この記事へのコメント
発表会、おめでとうございます。

生徒さんたち、それぞれに実力を発揮された発表会で、みなさんきっと満足なのではないでしょうか。
ブラームスの連弾もかっこよく決まったみたいで、あのAさんBさん二人ともに、いい経験になったでしょうね。

プログラムもバラエティー豊かなもので聴きごたえあるだろうな~と想像しています。

おつかれさまでした♪

2010/11/08(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ありがとうございます。
無事に乗り切って安心したところです。

生徒さんも、皆さんがんばってくれて、本番は実力を出せた方が多かったのではないかと思っています。

ブラームス連弾も、スリルがある危うい演奏ながらも、最後までしっかりと弾けて、よくがんばった感じでした。
2010/11/09(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。