• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生徒さんFさんのレッスン内容と改革計画(?)を少し書いたが、あともう少しだけ。

Fさんが以前から練習曲集として継続しているのは、ル・クーペ「ラジリテ」。
弾いてことがある方はだいたいおわかりと思うが、ツェルニー30に入る手前くらいのエチュード集で、1曲も短いものが多く、しかも25曲と多くない。
基本はスケール系だが、ツェルニー30よりは幾分きれいなメロディーライン風味に出来ているので、生徒さんの好みによって使っている。
Fさんのラジリテの進み方は決して早いとは言えないが、それでも既に半分は過ぎたところ。
指まわりがそれほど良いタイプではないFさん(と言っても、おそらく同学年の普通レヴェルよりは弾けている)なので、ラジリテの使用にはまずまずの効果を自分は感じている。

ただ、当初の(1年以上前の)計画では、ラジリテとバッハ「インヴェンション」を同時進行させる予定だった。
Fさんは、持ち曲は基本3曲で、時々4曲というスタイルなので、ラジリテとインヴェンションの完全同時進行は少し辛いだろうと思い、ラジリテが1曲終えたら、インヴェンションを1曲と、交互にやって行くのもいいかと思っていて、最初の3,4曲はそのようにやってみた。

だが、この方法はペースがつかみにくいのか、どうにもうまく進まないような気がして、結局はラジリテのみに。
インヴェンションを曲として時々やろうかと思っているのだが、Fさんは曲は少し大きめのものを弾きたがる傾向になり、インヴェンションは進行しない状態で、結局弾いたのは1番と4番のみ。

ラジリテとインヴェンションでは、比較にすることは単純に出来ないが、やはりどちらか一方ということであれば、インヴェンションとやった方が、耳にも、指にも、そして脳にも良いのかもしれない(しかも、ハノンを復活させたので、尚のこと)

インヴェンションを継続すると、たとえ完全に弾けていないとしても、2つのメロディーラインの同時進行ということに耳も指も慣れる(つまりは脳が慣れる)ので、バロック以外の古典でもロマンでも近現代でも、そうした対位法的だったり、主旋律と対旋律系の曲でも、よく聴いて弾けるようになってくるとおもう。
ちなみに、Fさんが勝手にライバル視している(?)Aさんについては、バロックやバッハの曲を、レッスンで欠かしたことは無く、既に3声の曲も何度弾いていて、多声慣れしていることが、ベートーヴェンやショパン、シューマンなどの曲を弾くにも活きているように思う。

自分の予想としては、Fさんはおそらくインヴェンションをやることに、あまり気乗りはしないだろうが、15曲のせめて半分くらいは弾いてもらいたい。
どんな曲を弾いても、ここがしっかりしていない人の演奏は、どうしてもわかってしまうものだから・・・。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

ショパンや、他の作曲家でもそうですが、弾いていると非常にポリフォニックだなと感じることがとても多いです。
バッハってホント、昔「バッハは音楽の父」と授業で言われていたことがようやくわかってきたような気がします。

多声部を聴き分けながら弾けた時の快感って特別なものがありますよね。
でもそこに至るまでが非常に大変なのですが。。☆

2010/12/03(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん こんにちは

Fさんの成長楽しみです。

>インヴェンションを継続すると、たとえ完全に弾けていないとしても・・・・・耳も指も慣れる(つまりは脳が慣れる)ので、

あっ そういう効果あるのですね。納得です。

最近、何人かのインヴェンション、シンフォンアを聴く機会がありとても学ぶことが多かったです。
2010/12/04(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

おっしゃるように、多声的な音楽はショパンのようなロマン派でも多いですよね。シューマンなどは特にそうだと思います。

そうしたところの聴きわけながら弾けるようになると、ピアノが本当に楽しくなるので、やはりバッハを少しでもやっておくことは、このFさんくらいの年代でとても大事なことですよね。



イヴォンヌさん、こんばんは。

おっしゃるように、インヴェンションtとシンフォニアで学べることは本当にたくさんあるので、Fさんにも他の生徒さんにも、インヴェンションで多声の基礎をしっかりとやってもらいたいのですが、やはりそう簡単には弾けないのがバッハの難しさです。
それでも、弾くことによって耳も指も育っていくので、Fさんもインヴェンションを楽しみにながら上達していって欲しいのですが、さてどうなっていくでしょうか。
2010/12/04(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。