• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が弾く側のモリス練習用ピアノについて、2ヶ月前の調律時に、調律師さんから
「そろそろ、本格的なオーバーホールをされたほうがいいのでは?」
と言われた。

これは、もう以前から何度か言われていることであり、消耗している部分の取り替えなども含めて、一度かなり手を入れた方が良いのこと。
自分も弾いていて、「全面的なオーバーホールが絶対に必要だ!」とまでは思っているほでもないが、この2年ほどは、状態があまり良くないとは感じているので、やはり必要だろうかとは、少し感じているが検討中。

ただ、普段はこちらのピアノは、自分が譜読みとテクニック練習でしか使わないということもあり、正直言ってどこまで手をかけてやるのがいいのか、判断が難しい。
というのも、もう少し先を考えた場合に、もしできるならば、数年後くらいに理想に近い1台を新しく購入(必ずしも、新品を買うという意味ではなく)、そして現在の生徒さんが弾く方のピアノをモリス練習用に、現在のモリス練習用を生徒さんに安く提供、ということができればというのが、自分の描く近未来(いや、遠い未来かもしれないが…)。

もちろん、モリス練習ピアノを生徒さんに安く提供するとしても、今よりも良い状態を保つために、現時点でオーバーホールに出しておくことが賢明のようにも思うのだが・・・判断は、また来年考えることになりそう。

そして、ここ数年かけていろいろ見て回っている、「次の1台選び」の方向性も、自分の中では、今年になってからほぼ固まりつつある。
それは、今年になって、そう思ったのではなく、自分が以前から感じているピアノに求める音や表現力といったことが、少しずつより確信になってきたから最近特にそう思うのだろうか。

ただ、気持ちは固まりつつあると言っても、まだ8割ほどであり、まだ弾いてみて検討したいピアノや、行ってみたいと検討しながらも行っていないお店などもあるので、おそらくあと数年は検討するのだろう。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは

モリスさんも検討中だったのですね。私も似たよな状況にあるので興味津々で読ませていただきました。

私も楽器店の方から(この方は調律師ではありますが私のピアノの調律はしません。)オーバーホールの話は出ているのですが、直接の調律師さんは「まだ、大丈夫ですよ。」との話で、結局検討中というか思考硬直中です。

知人の意見もいろいろで、、、多分当分このままのような気がします。
2010/12/17(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

そうなのです。自分は今、と言いますか、以前からオーバーホールを検討中なのですが、検討中が長くて検討していないような・・・。

イヴォンヌさんも、検討硬直中(?)ですか。
元々のピアノ自体の質や出荷調整の程度、普段の調律師さんの調整の程度、弾く頻度や年数など、いろいろな要素からの判断になるので、難しいですよね。
自分も、練習用ピアノの方は、当分このままのようなきがしてきました。
2010/12/18(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。