• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、某サークルさんの練習会にご招待いただき、練習会と、その後のお食事会兼飲み会でもいろいろとピアノ談義があった。
あまり詳しくお話できなかった方や、ほろ酔いの方(?)もいたかもしれないので、雑談的に出た話や、それについての回答も含めて少し書き留めてみる。

ポイントアドヴァイスやピアノ雑談で出た話を簡単にまとめてみると・・・

○譜読み段階から仕上がりをイメージした練習を。表現が小さくならないように、少々大げさ過ぎるくらいにやってみて、後から洗練させるくらいにつもりで。

○オクターブなど、手を広げる時にはコツがある。腕に力を入れずに、どこの関節を広げるようにするのかは、実際に解説したが、無理に引っ張るのではなく、日々じわっとゆっくりどうぞ・・。

○体で感じているリズムで弾かないと、つい手先だけでパシャッと弾くことの連続になり、演奏が崩れ気味になることがあるので、日々の練習で注意する。

○長い曲を“聴かす”ことは難しい。

○小品をしっかり仕上げることは大事。

○体の各関節、筋肉は柔軟性があると、演奏に余裕がでる。

○ピアノのペダルは通常3本あるので、使い分けを。楽譜で踏みかえを指示されていても、踏みかえしない方が演奏効果が高いことも。

○多声の曲は、各声部にテーマがでてくるたびに強調するような演奏が、良いとは限らない。

○各フレーズの歌い方は、練習ではとても意識して。歌をたくさん聴くといいです。

○モリスは、こう見えても、意外にも体の芯の軸というか、体幹はしっかりしている。

他にもいろいろとあったが、いくつかを簡単にまとめてみた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。