• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に、「演奏会に出ませんか~。何弾いてもらってもいいので~」といった感じのお誘いがあった。
とてもありがたいことであるし、自分としても前向きに検討というか、何となくOKの返事をしてしまったのだが・・・

演奏会に、テーマというかコンセプトのようなものがあることは理解できた。
だが、曲の選び方などに関する詳細を一応聞いてみたが、詳細な条件(曲数、時間など)があるのか無いのかもはっきりせず・・・自分としては、演奏会に出る時には、簡単でもいいので、何か書いてあるような紙切れとかメールの文書のようなものが無いと、何となく落ち着かないのも事実で、きっとそうしたパターンに慣れているからだろうが・・・まあいいのかな、気軽に考えておけば。

ただ、「何弾いてもいい」というのは、本当はどこまでいいのか?
当然だが長大な曲を用意して、主催者さんを困らせるようなことをするつもりなどは全く無いが、2分くらいの曲を2曲でおしまいというわけにもいかないだろうから、無難に持ち時間が15分程度だと思っていればいいのだろうか。

曲のジャンルとしては、主催者さんはおそらく、モリスにはフランスの近代、現代作品を期待されている(?)のだろうから、それを最低でも1曲は入れようと思うし、特に考えなくても自分の場合は、そうなることが多い。

しかし、1つ確認しておこうと思うことが。
もともとピアノ曲ではない曲でも良いのだろうか。
というのも、自分としては久しぶりに変奏曲を少し弾いているのだが、これは元がピアノ曲ではない(しかもフランスものでもない)。
民謡のような旋律の変奏曲があり、それをさらに他の人がピアノ曲にアレンジしたバージョン。
変奏曲としては、全体的に原型が崩れない程度の装飾的変奏曲なのでわかりやすく、それなりに楽しめる曲だと思うが、「ピアノ曲」かと言われるとちょっと違うようにも思う。

例えば、リストが編曲したものは、リストという大ピアニストで作曲家の編曲でもあり、また、もう既に時間が経過しているせいもあり、シューベルト=リストのように、元がピアノ曲ではなく歌曲の編曲ものだとしてもリストのピアノ曲だと認知されているだろうが、比較的最近の編曲者さんの編曲だったり、昔でも無名に近い編曲者が、オーケストラ曲や歌曲などをピアノ曲にしたものは・・・
これは、いずれ主催者さんに確認が必要になりそうだが、たとえ演奏会などで弾かなくても、練習会などでも披露できればいいので、継続して弾いていくことになりそうだ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

素敵ですね~!演奏会のご予定がおありなのですね。
詳細がなく何でもいいというのは、選曲に気を使われると思いますので、主催者さんに確認した方が安心ですよね。
今練習してらっしゃるという、民謡の変奏曲も面白そうですね。
2011/02/10(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

演奏会の予定が、いくつか入ってくると、練習のモチベーションも上がるものですよね。
このお話は、主催者さん側はおそらく、いい意味での「自由選曲で何でもどうぞ」ということだと思うのですが、全てが自由だと意外に決めにくいものかもしれません。

お任せということで、いろいろと準備してから、絞ってみようと思います。民謡調の変奏曲もいい曲なので、今のところ候補の1つです。
2011/02/11(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。