• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「この1年で成長したなぁ」と思う生徒さんのことを先日書いたが、逆にそうでもない生徒さんもいるのも事実。

その中で、今回は少し思い切った改革をしようとしている話を、おそらく、シリーズもの(?)で書いていく予定。
以前から、
「このままでは、何とかしないと・・・」
とは、かなり以前から思ってはいたものの、なかなか初級を抜け出せない生徒さん。

知人の指導者の諸事情によって、この生徒さんを引き継いだのは、だいたい1年半前だろうか。
当初から、持ち曲は3曲で、テクニック系、教本、何かの曲というスタイル。

期間をかければ、例えば発表会などのために、実力よりも一段くらい上の曲を仕上げることは可能で、実際に演奏もそれなりには聞こえるし、レッスンで指摘したこともその場では理解できているようには見える・・・
だが、普段は譜読みが遅く、譜読み間違いも少なくないのは、当初から気になっていた。
しかも普段の教本のレヴェルも演奏のレヴェルも、この1年くらいあまり上がっていないのがどうにも気にかかる。
週によっては、譜読みが進んでいる時があるが、途中から弾くように言うと即座に対応できないので、家族の誰かに教えてもらっているのだろう。

譜読みは、誰にも手伝ってもらわずに一人でやること、楽譜の読み方の再確認は、教本で毎回のようにやってきたつもりだったが、引き継いだ当初よりは少しは改善したくらいで、まだまだの状態。
人によっては、そのままのレッスンでも次第に良くなることもあるし、ある時期グーンと譜読みができるようになることもある。

この生徒さんも、昨年の発表会での演奏が悪くなかったので、これを機に、もしかしたら二段くらいレヴェルアップしたのではないかと思い、それらしい曲をレッスンでも2曲ほどやってみて、それらは何とか仕上がったのだが、やはり譜読みに時間がかかり過ぎで、しかも不正確なところが多すぎるし、演奏の質も想定の範囲には及ばない感じだ。

この生徒さんも、もう小学校の高学年。
ピアノ歴の長さを考えると、もうブルクミュラー25練習曲程度の終盤などでも、もっと進んでいてもとも思うが、実際には、教本のレヴェルも演奏のレヴェルも、その序盤の域にも達していない。
原因はいくつかあるが、他の教室さんから来たのは小学生の低学年の終盤の時で、あまりに変な弾き方と、間違った知識の多さに唖然としたのだが、それらを少しずつ取り除くことに、かなり時間を費やした。

ヘナヘナに弾くクセは何とかとれてきて、楽譜を読むための必要最低限の知識なども徹底できたが、それが演奏にはなかなか直結できずに、このところの伸び悩みとなっている。
レッスン内容は随時見直しをしていたつもりで、そろそろ伸びてくる時期がくるだろうと、いつも思っていたのだが、結論としては、もっと根本に戻った方が、今後のためにはより近道なのかもしれない。

いや、もっと早くに、譜読みの基本に「基」に戻るべきだったのだが、自分としても生徒さんと保護者さんに、言い出すタイミンがつかめずに、ここまできてしまったが、この数週間、考えに考えた末に、それを伝えることにしたのだが・・・つづく
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

生徒さんの中には、こちらの予想以上に伸びてくれる生徒さんや、逆になんとかしたくてもなかなかなんとかできない生徒さんもいたりでした。
長い目で見ると、基礎をやり直すことも時には必要なことがありますものね。
とても勇気のいることではあると思いますが。。
2011/02/19(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

なんとかしたくても、なかなかなんとかできない場合もありますよね。
自分も、この生徒さんに関しては、もっと早くに大工事をするべきだったのですが・・・それでも、今からでもやっていくというシリーズです。

おっしゃるように、指導側としても勇気がいることですよね。
2011/02/20(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。