• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この数カ月の様子を見て、そしてここ数週間で、この生徒さんには、「楽譜の読んで、その鍵盤を弾く」という基本の「基」に戻ってやってもらうことを、生徒さんと保護者さんに伝えることに、自分の中ではほぼ決心は固まった。

だが、最後に、もう1週だけ待ってみることにした。
今やっている曲、教本、テクニック系の本は、どれも初級であり、譜読みに難しいリズムや広い音域などは一切無いが、それでも家では譜読みを手伝ってもらっている様子。

これまでも、レッスンでは、何度も繰り返し述べてきたことだが、
「誰かに手伝ってもらわずに、ひとりで譜読みをする」
「音もリズムも数えて正確に」
これを、よ~く何度も言い聞かせて、次週まで様子を見ることにした。

そして、1週間が経ち、レッスンに。
まずはテクニックの本から・・・いきなり、左手が1オクターブ違うところから弾き始める(真ん中のドが入っているファラドの和音なのに、その1オクターブ下で弾いていて気がつかない)。
自分は、オクターブ違いをしているとは言わずに、単に、
「左手の音、違うよ」
と言ってみると、数秒考えてから、楽譜の位置で弾き始めた。
この「数秒」というのが、自分にはとても長く感じられる。

真ん中のドを、幼い頃からピアノをやっているのに、1オクターブ下で弾いても気がつかないこと、そして、間違っていたことを深刻な事態だと、この生徒さんは特に思っていないことが、やはり良くないことだ。
つまり、楽譜の読みそのものの基本と、楽譜を読むことの意識そのものを、根底からレッスンしていくことをやらなければいけない。

他の曲と、教本の出来もみてから決めようと思ったが、この時点で、やはり基本の「基」からやってもらうことを、言う決心がつき、教本と曲のレッスンを少し早めに切り上げて、先日楽器店にて購入して用意した、初歩の本を楽譜棚から出した・・・つづく。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。