• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所持楽譜の中から、おすすめだったり、実用的だったり、少し珍しい物などを紹介。
第2弾は、以前にテクニックの練習などで触れたような気もするが、GARTWNLAUB の「Preparetion au dechiffrage Pianistique」を。
下のような橙色の表紙になっている。



内容は、難しいテクニックへの準備練習という位置づけなので、テクニック系の本に分類していいと思うが、特徴的なのは、メロディーのようになっているような、なっていないような感じで課題がつくられていること。
そして、少し弾きづらいような動きやリズムになっていて、特に8分音符と3連符、3連符と16分音符などの組み合わせの課題は、これをやっておくと効果的(下の写真)。

gartenlaub02.jpg

他にもいろいろなリズムの組み合わせや、小節線の無い課題などもあるので、そうしたリズム練習を少し加えてみたい方にもおすすめです。
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
いつも楽しみに読ませていただいています。
「基に戻る」レッスンシリーズ、
大変参考になりました。
この度ご紹介のエチュード、とっても
欲しくなり、何とかして手に入れようと
思っております。
先日アップされていた、シンフォニア、
ステキでした。私も一番好きな曲です。
トリルの入れ方、参考になりました。
取りまとめてのコメントでのお礼で、ごめんなさい。
ありがとうございました。
2011/04/22(Fri) URL  | とおん #-[ 編集]
とおんさん、こんばんは。

こちらこそ、とおんさんのところを、いつも楽しみに読ませていただいています。

この本は結構役に立つので、ぜひ手に入れて弾いてみてください。生徒さんのレッスンにも有効だと思います。
シンフォニアもお聴きいただいたようで、ありがとうございます。11番はいい曲ですよね。
またの機会に、何かの曲を披露できればと思っています・・。
2011/04/22(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。