• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出場できる?の続きを。

コンクール出場という意気込みはある(本当はあるのは、保護者さんの方であり、生徒さん本人はそうでもなさそう・・・)が、譜読みが進まない状態なので、
「コンクールへの出場の判断は、あと2週のレッスンできめさせてもらう」
と告げた。

その翌週の4月最初のレッスン。
1曲は練習してきた気配が少し程度には感じれたが、2曲目は譜読みは全くと言っていいほど進んでいない。
こうした状態なので、今すぐにでも、
「コンクールは、今年は曲を弾いてみるだけにして、出場は来年にしよう」
と言いたいが、生徒さんには2週で判断と言ったので、最終判断はやはり次週ということに。

そして、その2週目の4月上旬のレッスン。
1曲目は、やっと形になった程度には弾けているので、練習してきたのだろう。
まだ、拍子感が乏しい箇所や、レッスンで改善するようにやった指使いも怪しい箇所もあるが、この曲に関しては仕上がりは少しは想像できる。
2曲目は・・全然といっていいほど進んでいない。
譜読みが面倒で、こちらの曲を弾く意欲が低下しているのだろうが、本当はこちらの曲の方が譜読みは楽(自分は初見で弾ける程度の曲)なので、やれば難しくないことはわかるはず(既に生徒さんには、何度も説明した)だが、要するにただ練習していないだけ。

この状態だと、コンクール出場はほぼ無理だろうと思う。
生徒さんの出場したいという意欲はそれほど強くなく、しかも譜読みも進まないのであれば、自分としてもできることは少ない。
おそらく生徒さんも、心の中では「コンクールは無理だろうなぁ」と思っているであろうことは、態度からも想像できる・・・。

レッスン終了時間の近くに、保護者さんがお迎えに来た時に、現実的には出場は無謀に近いということを、伝えようと思っていた時に、ちょうどお迎えに入ってきた。

レッスンの残りを少しやり、終わったところで、さあ、コンクールの話をしようと思った時、
保護者さんから、
「先生、毎日しっかり練習させますので、出場の申し込みお願いします!」
と、申し込みに必要な金額が入った封筒を渡されてしまった・・・おそらく続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。