• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに、基に戻るレッスンの生徒さんのことを。

シンプル教本の1冊目は無事に修了して、現在は2冊目も中盤に差し掛かったところ。
今のところ、しっかりと自ら譜読み、読み取ったことを鍵盤を弾いて演奏にするという手順は、生徒さん自身の力でほぼできている。
そして、以前よりも、ピアノを弾くことに対して自らやっているという感じになったのが、最も大きな収穫だと思う。
譜読みの手伝いを誰かがすることもなく、教本も曲集もきちんと譜読みをしてくる。
その当然のことが、これまで出来ていなかったわけだが、やはり基本の基に戻ってやってみて正解だった。

最近、レッスンのメニューをさらに変えて、もう1冊使っていた教本も修了と同時に違う曲集に変えてみた。
こちらは、シンプル教本よりは幾分実践的と言ったらいいだろうか。
曲の難易度としては初級の域を出てはいないが、よりピアノ曲らしいものが多く含まれているでの、シンプル教本で伸びてきた譜読みと演奏力の力を、この曲集でも十分に活かして発揮できるのかが、これからの重要なポイント。

このまま順調に伸びてくれると、夏休みに入る頃にはシンプル教本の2冊目も終盤になり、新しい曲集の曲もかなりの数を弾けるはず。
もちろん、数だけが重要ではないが、数をたくさん弾いて譜読み力をさらにアップ、そして演奏力の底上げ。
その先は、基に戻るレッスン以前にやっていた初中級くらいのレヴェルの曲を、以前の半分の期間で。以前の2倍の演奏の質で、仕上げられるようになってくれたら・・・という期待を持ってはいるが、せっかく基からやっているので、もし途中で時間がかかりそうになっても、そこはじっくりとやっていきたい。
コメント
この記事へのコメント
この生徒さんも、この時期に「これからは」という線引きをすることで、新たな気持ちでピアノに取り組むことで、いい感じで進んでらっしゃるんですね。
地に足をつけてしっかり歩いていくような、そんな感じがして、いいレッスンをされてるんだろうなと思いました。
2011/05/22(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こちらにもありがとうございます。

この基に戻る生徒さんは、ピアノに対する意識が、以前とは、いい意味で全然違うので、自分もレッスンをしていて楽しいです。
おそらく、基の基からやったので、楽譜が読める、わかる→弾ける→どんどん自ら進められる といった好循環が続いているようです。
2011/05/22(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。