• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月に某所でのコンサートに出演することは、以前から話があったことだが、曲目は当初弾こうと考えていたものから、少しずつ気持ちが変化して・・・そこからさらに変化しながら、いろいろと考えて譜読みをしたりはしているが、結局現在のところ何一つ決まっていない状態。

少しは決まっていることはというと、先日も書いたが、C.P.E バッハを入れてみようと思っていることぐらいで、あとはこの2年くらい少し力を入れている(つもり)のリストを入れたいと思っている。
だが、他の出演の方のとの重複もあるだろうから、様子見などと考えていると、先日主催の方(リーダー?)からお知らせをいただいた曲目では、リストは既に2曲ほど、ショパンも4曲ほどが予定されているらしい。

確か以前に、近現代が多い予想の話も出ていたので、では自分くらいリストのオペラ系編曲ものか、歌曲編曲ものを弾いて、あとはたまにはショパンのマズルカあたりでもなどとも少しは思っていたのだが、リストもショパンも多そうなので、このコンサートに限っては、このあたりのロマン派系は、他の方にお任せしてもいいのかもしれない。

リストのレパートリーは、つくっておいてもまた10月や11月にも使えるだろうから、さて、そうなると、9月の関しての曲目は、自分としては最も得意分野で素直に(?)決めてしまうのもありなのだろう。
やはり、ここはドビュッシー以降くらいのフランスものを、正直に持ってくるのが良いだろうか。
そのままドビュッシーでもいいとは思うが、他にもガブリエル・デュポンというのが、自分の中では最近は有力な選択肢の1つではあるのだが、もう少しシャープな印象ということを考えると・・・

などと考えていると、なかなか決まらないのだが、この考える時間というのが、自分は結構好きでもあったりする。
でも、あまり遅くても主催者さんも困るだろうから、来月の中旬には返事をしなくては。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。