• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会の講師演奏の曲目も、何を弾くのか直前まで決めなかったりと、いつも弾く曲を決めるのが遅い、悪習慣がついてしまっている自分。
だから、コンサート出演のための曲目決定→申告の期限が迫ってきても、あれこれと、ギリギリまでいろいろと曲探しをするような良くないクセが・・・。

記念の年でリストか、それとも久しぶりにショパンを中心にしても、いや確かこのあたりのロマン派は既に曲目が決まっている方がいるらしいので、古典でハイドンかベートーヴェンでも・・・
そんなことを考えながら、手持ちの楽譜をいろいろと開いて閉じて、開いて閉じてを繰り返したり、音源をいくつか聴いてみたり、また楽譜を読んでみたり、そんな作業を繰り返す。

そうしているうちに、
「あっ、この曲は、〇〇さんのレッスン曲にいいかも。これも〇〇くんの発表会用に・・・」
などと、本来の目的とは別の思考回路になってくるので、自分の曲目決定作業は進まない日々が続いていたが、本当に期限が迫ってきて、主催者さんをあまり待たすわけにもいかないので、決めなくてはいけないが・・。

探しても、これを弾く!と決められない時は、やはり(現在の世の中の主流なピアノレパートリーから見ると)多少偏ったとしても、自分にとって素直に入ってくる曲目にしようと思い、フランスの近代曲を主要曲目に決定。
いくつかの組み合わせとなるが、これらでおそらく10数分程度にはなるだろう(これから練習するので、推定)。
あとは、バロックと古典の中間期とでも言えるような曲で1曲。これも3分未満で、まず弾くにはちょうど良さそう。

決めたら、また迷わないように、すぐに連絡。
了承の返信はすぐに来たので、これでもうほぼ変更はできないだろうが、他の曲にすぐに浮気をしたくなる性分なので、曲目報告→了承 の流れが一度あると、もうやるしかないと、心も決まってすっきりする。
さあ、少しずつペースをあげて練習していくとしよう!
コメント
この記事へのコメント
こんにちは

他の曲へ浮気。。笑。。
私も本番に出す曲に集中して練習できればいいのですが、ついつい、「あ、これも面白い」「こういうプログラミングにしてもいいな~」「夏だしな~」など、ついつい色んな曲達の間をさまよってしまいます。
プログラムを提出してしまうとやっと「まな板の上のコイ」(?)って気分になって集中できます(笑)

ステキな演奏会になりそうですね
2011/06/29(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

数曲に集中しなければいけない状況になっても、ついつい浮気はしてしまうものですよね。

「これを弾く!」と決めたら、浮気もほどほどにしないといけないですが、自分は、日頃から持ち曲多めにやっているのが好きなので、多少の浮気しながらも良いかなと思いながら、やっています。
2011/06/29(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。