• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会の演奏曲を決める際には、生徒さんにはいくつかの曲を提示しているが、その前に、一定以上の年齢の生徒さんやピアノ歴が少し長い生徒さんには、希望曲調査票を渡している。

調査票と言っても堅苦しいものではなく、今まで弾いてきた曲で気に入っている曲名を書いてもらっったり、弾きたい曲のタイプの選択肢にチェックを入れる程度の簡単なもので、フリースペースには文章で曲の傾向を書いてもらったり、またはスバリ希望する曲を書いてもらったり・・・

この調査票を数年やっているが、面白い傾向としては、実力がある程度ある生徒さんは、意外にも細かく書いてこないということだ。
「今まで弾いた曲でこれが好きだった」や、「こんな曲を弾きたいというタイプ」を大まかには書いてくるが、作曲者指定などはあまりない。
そこで、自分もいくつか質問したりして、数曲提示してみると、これまたあっさりと選んで決める傾向にあるが、これは、自分もレッスンをしていて、
「この生徒さんは結構弾けるし、今までのやってきた曲への取り組みや仕上がり状況から考えて、この曲は気にいるだろう」
という予測をして曲を選び、それがまずまず当たっているだろうか(だといいが・・・)。

ここで、今回の本題(?)。
あの、出場シリーズの生徒さんが登場。
モリス : 調査票書いた?
生徒さん: あっ、ええと、迎えの時にお父さんが持ってくると思います・・

この時点で、既にちょっと怪しげな予感が・・
そして、レッスンも終了時間に近づき、生徒さんのお父さん登場。

生徒さん父 : 先生、これ曲の調査票です。
モリス : はい、ではちょっと見せてください・・ええと・・・!?☆!◇?
生徒さん父 : 家でもいろいろと、子どもと話もしていたのですが、ネットでいろいろなピアノ演奏映像や、発表会映像を見ていたら、この曲が良さそうかなと思いまして。
モリス : それで、ベートーヴェンの、このソナタを希望ということで?
生徒さん父 :はい。レヴェル的にはちょっとわからないのですが、いけそうな気もするのですが、どうでしょうか?
モリス : (ああ、これは無理だと言わなくては・・今年は無謀曲はキッパリ断ると心に誓ったはず・・さあ、弾けないと言おう!)

・・・つづく
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

ああ(汗)・・また何か起こるのでしょうか・・。

そしてモリスさんはきっぱり断られたのでしょうか・・。

つづきを楽しみにしております。

2011/07/08(Fri) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
こんばんは

わあ。。。

お父様が子供の教育に積極的なのは素晴らしいことだと思いますが。。。むむむ。
先日のコンクール出場が、少し難しい曲にも挑戦してみようという自信につながったのでしょうか。

その後、どうなったのでしょう。気になります。
2011/07/08(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
こんばんは。

これまたオモシロそうな・・・失礼、興味深いシリーズが始まりそうですね。

モリスさんが苦悩する様子が目に浮かぶようです(お顔を拝見したことはありませんが)。

曲の難易度を、自分の進度に見合うか理解できるかどうかも実力のうち、ということでしょうか。

自分はテクニックが圧倒的に足りないので、一見やさしそうな楽譜でも全然弾けるようにならない時もあります(涙)

今後のモリスさんとその生徒さん・・・とお父様の動向が気になります。

2011/07/09(Sat) URL  | ひまわり #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

自分は、他の生徒さんの時には、あっさりと断ったりもしているのですが・・・
なんだかそうした雰囲気でもなく、微妙な感じで続く予定(?)です。
2011/07/09(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

おっしゃるように、お父さんが子どもの教育に熱心というのは、そうだと思います。
ピアノをやっていることに無関心よりも、興味を持って関わってくれる方が、自分としてもやりやすい面もあるのですが、ちょっと意思の疎通が・・・。
2011/07/09(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
ひまわりさん、こんばんは。

おっしゃるように、曲の難易度と自己の実力との関係を把握できるのも、実力のうちだと思います。
それは、小学生ではなかなか備わらないものでもありますが、中には少しずつ理解してくれる生徒さんもいます。
この生徒さん親子の場合は・・・自己を過大評価というよりも、曲のレヴェルを過小評価しているのかもしれません・・。
2011/07/09(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。