• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備の時期 その8を。

前回までは・・・
あの出場シリーズの生徒さんとお父さんが、発表会の曲の調査票に、現時点の実力では非常に厳しいベートーヴェンのソナタを書いてきた。
今年は、無理な曲についてはキッパリと無理だと宣伝すると誓っていた自分モリスだったが、この出場シリーズの生徒さん、そして特にこのお父さんには、どうにも言いにく雰囲気なので、楽譜を見てもらい難しいことは伝えて、モリス推薦の曲も交えて、次回検討することに。

そして、前回のレッスン終了間際に、「さあ、これからお迎えにくるお父さんに、話をしよう!」と変な気合(?)が入っていた自分だったが、結局、この日に限ってお迎えはおじいちゃんだったので、お父さんに直接曲目の話をすることができずにに、対決(?)は持ち越しとなった。
だが、提案する曲目のリストと、CD3枚を生徒さんにも渡し、家で全部の曲を聴いて確認してみるように言っておいた。
という展開だった。

こうして延期になった曲決めだったが、今回はお父さんが普段どおりにお迎えにきたので、多少あれこれを言われても、モリス推薦曲で何とか粘ってみようと気合を入れる。

モリス : どうでしたか?一応全部聴いていただけましたか?

お父さん : はい、CDを聴いてみたところ、先生の推薦曲で、良いのがありまして・・・ええと、これですね、このソナタが、結構華やかなので、良いように思いました。

モリス : (えっ?意外というか、こんなに素直にモリス推薦曲を気に入ってもらえるとは、なんだか肩透かしのような・・)
そうですか、この曲いいですよね。凄く有名というほどではないですが、ピアノ曲らしさというか、演奏効果もあって、発表会にも適していると思います。
そして、今の実力で少々がんばるくらいで、とても適していると思いますが。

お父さん : そうですか、ではいいですね。

モリス : (よし、勝った?しかも、こんなにスムーズに)
では、今回は、このソナタに決めていいですか?

と、ここまでの流れは、自分が想像していたよりも、はるかに素直に進んだので、もうこの時点ですっかり安心していた・・・

が・・・

生徒さん : う~ん・・・でも、やっぱり、先にお父さんと決めたソナタの方が・・・

モリス : えっ!?あれっ?お家でお父さん話し合いは・・?

お父さん : いや、CD何度か聴いて話をしたのですが、こいつ(生徒さんのこと)は、やっぱり先に希望として出したソナタの方が良いと・・私は、今回は先生の案でと思っているのですが・・まあ、弾くのは、こいつなので・・・

モリス : (そうか、ここにきて、お父さんよりも、生徒さんの希望になってしまったか・・でも粘ってやる・・)
どうする?お父さんと希望したソナタは、やはり難しいけれど、ちゃんと毎日譜読みできるかい?
1ヶ月経っても、「その音違う、その音も違う」なんて状態になったら、全然仕上がらないよ?

生徒さん : うん、ちゃんとやる。

モリス : (コンクールの時も、そう言ったけれど、結局は・・・)
譜読みを毎日進めるだけじゃなくて、この曲だと、テクニック的にも厳しいから、指をもっとよく動かすようなメニューも追加していくことになるけど?

生徒さん : 難しい方が、がんばれると思うし・・・。

モリス : (なんで、ここにきて、そんなプラス思考になるのだろう・・・)
まあ、そういった考え方が無いわけではないが・・

お父さん : そうか・・まあ本人がそう言うなら、先生、すみませんが、先に言っていたソナタの方で何とか・・

モリス : ・・そうですか・・・では、今日から毎日本当に練習するのであればという条件で。
そして、譜読みが4週で終わらなければ、絶対に間に合わないので、他の曲にあっさりと本当に替えさせていただくのも条件で。それなら、いいでしょう。

生徒さん : うん、がんばる。

お父さん : はい、練習させますので、よろしくお願いします。

という展開になり、結局は、初心であったはずに、「無謀曲はキッパリと断る」の誓も、吹っ飛んでしまった・・・
いや、この出場シリーズの生徒さんとお父さん相手にしては、自分もよく粘ったと思いたいが・・・まあ、もう決めたのだから、譜読みが進まない事態にならない限りは、このソナタでやることにしよう。

これで、この日の出場シリーズの生徒さんのレッスンは終了。
と思ったら、

お父さん : あの先生、あと連弾なのですが・・

つづく。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

お父さんとの対決(?)はあっさり終わったものの、意外なところからの反撃でしたね(笑)

私も少し頑張るくらいの曲のほうが練習できます。
すぐに弾けてしまうものはどうしても練習に気合いが入りにくいです。。

4週あれば、結構何とかなりそうな気がします。
もしくは、譜読みをし始めて難しさに気がついてあっさり次の週にはモリスさん案の曲にするかのどちらかでしょうけれど。。

連弾の話。。何でしょう???気になります。

2011/07/21(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
こんばんは。

・・・モリスさんが大変なのは重々わかっているのですが、なぜか笑ってしまうこのシリーズ・・。

今回もお疲れ様でした。
本人が言うのであれば・・・本人が頑張ると言うのであれば・・・モリスさんの戦い(?)も報われたということでしょうか・・

あっ、まだまだ連弾などと、初耳の話題が登場しているではないですかっ!

・・次回どうなるのでしょうか・・・。
2011/07/21(Thu) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

はい、お父さんとの対決の方ばかりに気を取られていたせいか・・・こんな結果になってしまいました。

まりはんさんもおっしゃるように、少しがんばるくらいの曲の方が、練習する気になるものだと思います。
ただ、それは、ある程度以上弾ける人であり、この出場シリーズ生徒さんの場合は・・・どうなるのでしょうか。

そして、連弾、ですね・・。
2011/07/21(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

笑っていただいて、大丈夫ですよ~。
今回も、自分は粘ってみたものの、結局は生徒さんの希望のソナタになってしまったわけですが、millionmiroさんのおっしゃるように、本人が頑張るということにはなったので、自分も報われたと思いたいです・・。

そして、連弾の話がでてきました・・。
2011/07/21(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。