• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋に出演予定のコンサートのチラシが手元の届いた。

主催グループさんからお声をかけていただき、一応、曲は何でも良いとのことだったので、今回は、思い切り好みを反映させてもらった。

チラシは・・・これは、なかなかおしゃれでセンスありといった感じで、とても素敵パンフレット(諸事情により、この場での掲載は無しです・・・)。自分は、このデザインは結構好み。

主な曲目も書かれていて・・・主催グループメンバーさんの曲は、ベートーヴェンのあのソナタとか、ショパンのあのエチュードですか、いいですね。ラフマニノフもありですか、これもいい曲。
自分は、これらの曲を初めて弾いた時は、それはもう苦労というか、ただ弾いているだけだったような記憶が・・・グループの皆さんは、きっと熱心に練習されているようなので、演奏を聴くのが楽しみ。

さて、このコンサートの会場は、自分は初めて。
一応、この会場のサイトを見てみよう。

なるほど、クラシック系のコンサートやピアノの発表会などは、結構頻繁に開催されているところらしい。
ということは、会場には定評がある、つまりは良いところなのだろう。
ピアノも載っていたので、確認。
自分も、年に1~数回は弾く機会がある機種だった。

まあ、同じメーカーの同一機種でも、設置会場や個体差、経過年数や使用頻度、調律師さんの手の入れ方(良くも悪くも・・・)などによっても全然違うので、これは当日弾いてみないと、何ともわからないが、おそらく大丈夫だろう。
過去には、まるでおもちゃなのでは?といった状態の音(ペンペン、ピャンピャンとした音ばかり)のピアノや、4分の1音くらい調律がズレているようなピアノで本番を乗りきったこともあるから、よほど悪い状態でなければ、動じないつもりだ(ピアノの状態を気にしないという意味ではないが)。

さあ、チラシが届いたので、練習にそろそろ気合を入れなくては。


ついでに、プロフィール画像を久しぶりに変更。
秋のこのコンサートで弾く予定の曲のうちの1曲の、終わりから5小節前の和音を弾いた時の手の様子。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。