• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全音や音楽之友社が出している作曲家ごとの普通の楽譜、輸入版ではヘンレ社やシャーマー社などの楽譜も、基本的にどの作曲家の楽譜でも基本的にはデザインは同じで、統一されている。

基本デザインが出版社で決まっていると、書棚に並べた時にきれいに整列してわかりやすいが、時には少し変化のある表紙の楽譜もいい。

ということで、今回は手持ちの中から2冊を紹介。
右、鵜崎庚一作曲「風がうたう歌」(カワイ出版)
左、ロシェロール作曲「ロマンシング イン スタイル」(kjos)



どちらの曲集も、その作曲家の初中級から中級程度の小品集で、魅力的な曲が入っている。
しかも、表紙がとても鮮やか。

鵜崎庚一氏の曲は、フランスの影響を感じさせるような雰囲気と響きの曲が多く、しかも譜読み的にはそれほど面倒にはならないような配慮も感じれるので、フランス近現代作品をあまり弾いたことが無い方や、邦人作品をあまり弾かない方にもおすすめ。
中盤以降の曲は、多声の譜面になっているものもあるのが面白い(少し難しい)。

アメリカのロシェロールも、フランスの影響をかなり受けている作曲家で、ペダルの入れ方も細かく指示されていて、独特の響きを作っている。
しかし、この曲集に関しては複雑ではなく、シンプルで歌いやすいメロディーラインなので親しみやすい。

ということで、表紙で買ったわけではないが、自分のレッスンレパートリーから2冊を紹介してみた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。