• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会という、演奏する日が決まっているもの、つまりはある程度の仕上がりにする期日があり、練習期間にも期限がある場合には、指導側にはいろいろな判断が必要になる。

具体的に言ってしまうと、
「この曲は、この生徒さんの場合は、まあこれくらいに仕上がればいいだろう」
といった、想定をしながら進めていくことになるが、「これくらい」というのは、当然ながら生徒さんの実力や曲のレヴェルによって異なるわけで、この判断は難しい。

本来は、「これくらい」が、高い次元であって欲しいし、その高い次元を目指すような、変な妥協の無いレッスンを続けて、その想定を生徒さんがさらに超えてくれれば一番いいが、現実はそんなに甘くはない。

「これくらい」の想定にはほど遠い仕上がりになるだろう生徒さんもいるし、そもそも「これくらい」の想定レヴェル自体があまり高くない生徒さんも・・・。
しかも、「これくらい」をそれほど高くないハードルに指導者側が設定しているつもりでも、そこにも届きそうにない生徒さんは、現実に毎回1~2名が出てくる。

そうなると、次の現実的な判断としては、曲の変更という手段をとらなければならない。
曲の変更は、自分のところの場合は、初級~初中級くらいで2曲弾く生徒さんが、1曲は間に合いそうにないので、以前に弾いたレッスン曲にするというパターン。
これも、2ヶ月前などのあまりに早い時期に判断してしまうはもったいないが、
「あと1週は様子をみよう」
などと毎週思っていると、時間はどんどん過ぎてしまって、2,3週前の変更では間に合わないことに・・・そして、ピアノ歴が数年なのに、1分くらいの曲を1曲のみ弾くことになるのは、やはりちょっと寂しい。

このような感じで、いつの時点でどのような判断をするのかは、毎回のように難しく、今回も今のところ、このままではとてもじゃないが全く間に合わないだろう生徒さんが3名、4名・・・これらの判断も、あと2週くらいのうちに決断しなければならないだろう。

“ソロ曲は夏休み中には譜読みを終えて、ゆっくり気味でも通せること”
これが、生徒さん達に伝えてる条件で、これができていなければ、あっさりと簡単な曲に変更するとは言ったが、今回も結局はギリギリまで待ってから判断することになるのだろう・・・。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

いよいよ夏休みも終わり、発表会に向けての準備段階を一つ登る、と言う感じでしょうか?
発表会の曲は生徒さんによっては意外なラストスパートが効いて逆にこちらが驚かされたりもしますが、それをあてにしていると思わぬ肩すかしをくらったり・・ドキドキしました。。
いい発表会になるといいですね。
2011/08/30(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

おっしゃるように、生徒さんによっては、ラストスパートが効いて直前にググっと仕上がってくる場合もあり、自分も指導していて、それに期待しているのも少しあります。

ただし、直前の仕上がりに自ら期待している生徒さんは、やはりちょっと困りますよね。
普段しっかりやっているからこそ、ラストスパートがあるということを認識してもらうためにも、毎日コツコツを常に言うようにはしていますが・・・さて、どうなっていくのでしょうか。
2011/08/31(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。