• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備の時期シリーズと名付けているのに、
「これではいけないなぁ」と感じていることの1つに、準備を始める時期が遅いということがあげられる。

発表会の曲の決定は、子どもの場合は、いつ頃がいいのだろうか?
生徒さんの実力にもよるだろうが、初級者で2ヶ月から2ヶ月半、中級者でも3ヶ月といったところではないかと思っている。
この期間設定だと、もしかしたら、短いと思われる指導者もいるかもしれないが、自分としては、小学生や中学生には、4ヶ月以上もかけないと弾けないような曲は、それは今の実力では弾けない曲ということにしているので、最大でも3ヶ月半といったところだろう。
(大人の生徒さんは別。仕事の都合などもあってレッスンのペースが一定ではないこともあるので、4ヶ月~6ヶ月くらいかける方もいる)

これでも、以前よりは曲決定の時期は早く、つまり発表会曲の練習期間は長くなったと思う。
もっと以前は、発表会曲は中級者でも2ヶ月~2ヶ月半くらい(8週~11週)だったが、これは無意識のうちに自分というものを基準にしていたからだろう。
しかし、2ヶ月くらいでは、どうしても仕上がりの程度が良くない生徒さんも多く、少しずつ延びていったと思う・・。

なので、以前よりは発表会曲の仕上がりは、余裕があるはず・・・といった単純なものでもなく、やはり直前でもバタバタ、ジタバタしそうな生徒さんが、2人、3人、4人・・・いや、もっとかぁ。

はぁ・・やはり、これからの時期は少し神経が張り詰める感じになりやすいので、大きな気持で、でも引き締めて。
そして、計画性を持って、しかも直前までしっかりと。
体重はあまり減らないように・・。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

発表会に向けてのレッスン、お疲れ様です。
年齢にもよると思うのですが、私も2~3カ月位が平均、ちょっとヤバそうな生徒さんは4カ月・・と思ってました。

普段のレッスン曲と並行してできる生徒さんはいいのですが、割と早い段階から発表会の曲のみに集中させざるを得ない生徒さんもいたりして。。
あと、弾くのは生徒さん自身なので、考えていた計画とは外れることもあったり、その辺がストレスに感じることもありました。

モリスさんのように、指導者自信が精神的に大きくないとだめですね☆
レッスン、大変だとは思いますが、発表会までがんばってください。

体重は減らないように・・という目標はうらやましいです(笑)


2011/09/19(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですね。年齢や譜読みの速さや演奏の実力にもよりますが、できるだけ3ヶ月くらいでは弾ける曲というのが、自分の一応の基準です。

おっしゃるように、普段の教本やレッスン曲と並行していける生徒さんはいいのですが、かなり前から発表会だけの曲になってしまう生徒さんも、残念ながら数名はいます。
これが、後に、並行できている生徒さんとの、さらなる実力差となってしまうのですが・・たしかに、計画どおりにはいかないものです。

体重はですね・・大台を切らないように気をつけています・・。
2011/09/19(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。