• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会本番が近づいてくると、レッスン中に自分が生徒さんに言うセリフの1つが、
「さあ、そろそろ、いい通し演奏の形をつくって、安心させて欲しいなぁ」
というもの。

これを言うと、生徒さんの反応は様々で、素直に、
「はい!」
という人もいれば、少々困った顔をして、
「いや、まだちゃんと通せないし・・・」
と言う人もいる。

もちろん、自分もこのセリフを言った時点では、生徒さんの演奏が仕上がりに近い状態だとはあまり思っているわけでもなく、「本番までの残りの時間もだんだん少なってきているよ」という意味の方が大きいわけだが、あと4週間、あと3週間とせまってきたこの時期には、そろそろ仕上がりは見えてこないと困る。

だが、残念なことに、今週のレッスンでは、まだまだ仕上がりに遠い生徒さんが多いことを、再確認、再実感させられることがほとんどで、
「誰か1人くらい、安心させてくれる人はいないのか!?」
と、心の中で叫んでいるような状態・・・。

当初の自分の予定では、ほとんどの生徒さんがこの時期までには何とか演奏が形になって、少しは安心して自分が出演の月末の演奏会に集中できる環境に・・・
という計画だったのだが、そううまくはいかないもので、自分でも、今年のはじめに、この演奏会出演の話をいただいた時に、この9月が、発表会の準備とレッスンで多少は忙しいとは思ってはいたが、まさか、生徒さん達の出来が、こんなピンチさん多数の状態だとは、思っていなかった・・・昨年は、もう少し全体的に弾けていたと思うが・・。

まあでも、演奏会に出る日の1日は、発表会のことはちょっと考えずに、演奏に集中が肝心。
発表会関連で考えることはたくさんあるが、演奏が終わってからまた考えればいい。
演奏順の再考とか・・生徒さん達の紹介文とか・・・
あっ!講師演奏・・・何弾くのか考えていないが、まあ2週間くらいあれば、何かの曲が、どうにか弾けるだろう。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

生徒さんの進捗状況、どうしてもハッパをかけたくなりますよね。。☆
と言いつつ、私もハッパかけられる方かもしれません☆
私の先生の場合は「まだあと○○日あるから、焦らずしっかりやれば大丈夫よ」です。。
(えっそれってまだ弾けてないってことですよね?今のままじゃ大丈夫じゃないってことですよね?)と読んでしまい、かなり焦ります。。

モリスさんご自身の演奏会ももうすぐなのですね。
きっとステキな演奏会になるでしょうね♪
また演奏会の様子などもブログで読ませていただけることを楽しみにしています。
2011/09/25(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

生徒さんの仕上がりの状況は、どうしても想定よりは遅くなりがちですが、あまりに遅くて仕上がりが見えてこないと、指導側としてもあせりますよね。
特に、少し簡単な曲なのに完成度が低めの演奏ではいけないと思うので、あと一歩、二歩くらいがんばるように、言うことにしています。

演奏会の様子も、またこれから随時書いていく予定です・・。
2011/09/26(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。