• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備の時期シリーズで何人かの生徒さんが登場したが、今回はココさん編を。

ココさんについては既に何度か書いているが、小学生の高学年。
その週の課題は、だいたいしっかりやってくるタイプで、コツコツとやってきて、ジワジワと上手になってきて、普段から譜読みのスピードと正確性も悪くなく、演奏力の備わってきたが、よく指が廻るとか、センスがあるというほどでもなく、しかし良い質の演奏にまとめることができる。
過去にコンクールにもたびたび出場していて、それなりの結果も出ている。
また、連弾はレッスンで大人の方とやったこともあり、学校の伴奏なども引き受けてくるので、演奏の場数は結構多いだろう。

リハーサル前は、ココさんも、
「緊張する・・・」
と言っていたが、これは、ココさんの前に、何人かの実力がある生徒さんが弾いていたので、それを聴いていて、少しプレッシャーがかかったのかもしれない。

確かに、少しミスの多いリハーサルの通しだったように感じた。
だが、今回は、ココさんの実力に対し、曲が少し難しいので、こんなものだろうと自分も思っていて、許容範囲内。
十分によく弾けている演奏だ。

そして、本番開始。
冒頭からの歌い方は、ココさんのここ数ヶ月で一番成長したところだろう。
この曲のフレーズの流れにのって弾くことが、ココさん自身のものになっている。

テクニカル的な箇所は、やはり多少のミス、つまづきはあったが、音楽の流れ自体は止まっていなかったので、聴いている皆さんも、あまり気にならなかっただろう。
できれば、もっと表現の幅をつけられたらと思う。
弱音に気をつけるところに、神経を行き渡らせる箇所で、
「ここだけは、気をつけよう!」
という箇所があったが、それはできていたと思うが、曲全体をしては、もっと表情豊かに仕上げたかった。これは今後の最大の課題だろう。
最後の2ページはしっかり盛り上げて、弾き終えることができた。

ココさんの持ち味はいろいろとあるが、やはり場数をふんでいるので、本番にも大崩れしにくいところだろうか。
本番でも練習と同じくらいの演奏とはいかなくても、変なミスをしても、ちゃんと弾ききることができて、実力の9割近くをいつも出せるのは、とても良いことだと思う。
しかも、今回はかなりな挑戦曲だったが、何とか間に合ったのも収穫だろう。

(ココさんと出場生徒さんの連弾については、出場生徒さん編で・・)
コメント
この記事へのコメント
発表会の開催、おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。

ココさん、レッスンで力を一歩ずつ付けて、確実に成長されていることが発表会の演奏でも発揮できたのですね。
私は普段の8割弾ければオーケーだと思うので、本番で9割出せることはすごいなと思います。

発表会でしっかり弾きつつ、今後のココさんの課題もきっとクリアしていかれることでしょうし、これからが楽しみですね。

2011/10/25(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ありがとうございます。
なんとか終えることができました。

ココさんは、「何でもすぐにできるタイプ」ではないのですが、着実に実力をつけてきているので、それが今回も9割くらいは発揮できて、良かったと思います。
そして、コンクールでも発表会の後でも、練習でも本番でも、何が出来て、何が出来なかったのかを、しっかり明確にして進んできたので、今回もそうしたところが、活かされていたのではないか思います。
2011/10/26(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。