• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会のまとめ その5は、中学生のセコさん編を。

まず、セコさんについて少しおさらい。
セコさんは中学生で、ピアノ歴も結構長い。
譜読みまずまず速く、日頃からいろいろな曲に挑戦するタイプで、過去には、コンクールにも出場。
小学生の時は、学芸会の合唱の伴奏をするなど、普通にピアノを弾ける同学年よりは、弾けるタイプ。
ちょっと自信家(?)で、センスのある演奏ができているとセコさん自身がは思っているようだが、確かにそんな感じがしないわけでもない・・・。

今回、連弾を組んでいる、ほぼ同じ年のプリさん(学年としてはプリさんが1つ上)に対抗意識を持っているらしく、過去数回の発表会後に、セコさんに感想を聞いても、プリさんの演奏は絶対に褒めない。
しかも、今回のセコさんは、ソロ曲を難しい曲に挑戦で(実際はそうでもないが)、プリさんにも負けていないと思っているらしいことが、日頃のレッスンでの言動から伺える。

セコさんのソロ曲は、難易度は別としても、実際に仕上がりの状態は発表会の3週間ほど前からかなり良くなってきて、中級程度以上の曲を弾く生徒さんの中では、実力に対して最も仕上がり状態が良い(つまり、現時点での実力相応の仕上がりになっている)生徒さんだったようにも思う。
2曲を用意したが、どちらの曲の演奏も、ちょっとした余裕のようなものが感じられる演奏で、日頃からの根拠の無い自信も、今回は、発表会前1~2週間の時点では、それほどおかしくない自信(?)だった。

そして、当日。
リハーサル開始の時刻前に、プリさんは既に到着していて、セコさんもすぐ後に到着。
ピアノのセッティングなどを終えた後に、プリさんが先に弾き始めるが、ここで、ちょっとしたことがあった。
自分は、プリさんが弾く様子を聴きながら、近くにいるセコさんの方を見ると・・・

口が半開き状態で、目はプリさんの弾き姿を見ているようだが、ちょっと固まったような顔をしていて、その表情は、驚きと動揺のようなものが入り交じっている様子。
「この人(プリさんのこと)、今回も、いったい何を弾いているんだ・・・」
と思っているのかどうかはわからないが、自分には、セコさんの顔は、そのような感じに読めた。

プリさんが弾き終わり、次はセコさんの番。
だが、弾き始めても途中で何度か止まりそうになったり、ペダルのタイミングが違ったりと、調子があまり良くないように見える。
一応、終わったところで、自分もセコさんに、
「落ち着いて行こうよ。いつもの演奏で」
と言ってみたが、やはりセコさんは、明らかにいつもの調子ではなさそうだ。
対抗意識を持っていたプリさんの演奏を聴いて、自信が急に無くなったのだろうか・・。

セコさんのソロの本番。
リハーサルから、かなり時間も経っているので、プリさんのリハーサル演奏を聴いた動揺も無くなり、きっと落ち着いただろうと思っていたが・・・
実は、セコさんの前に弾いた方が、まずまず難しい曲を、結構いい演奏をしたので、セコさんは、ここで再び、ちょっと落ち着かない表情に・・。

1曲目は、いつもよりもテンポが速く、冒頭から危ない感じがしたが、なんとか乗り切った。
テンポは速いのに、勢いはあまり感じられずに、曲の雰囲気を出すところまではいかなったかもしれない。
2曲目は、落ち着いて弾き始めた感じで、それが良いと思われたが、ゆったり気味の聴かせどころで変なミスをしてから、それを少々気にしたのかあやしい感じに。
そして、テンポアップしてノリの良いところで、いつもはやったことがないようなミスで、ほとんど止まりかけてたり、弾き直しをしたり・・・でも、何とか最後まで気を抜かずに弾いたのは、良いところ。
曲をあまり知らない聴き手には、それほど大きなミスとは思われなかっただろうし、曲の雰囲気は2曲ともに出ていたと思うが・・・

演奏後、当然ながら、セコさん本人は全く納得していない様子。
確かに、仕上がりの状態の演奏を100だとすると、70くらいの演奏になってしまったとセコさん本人は思っただろう。
でも、特に2曲目は、かなりの大ピンチから、よく立て直したと思うので、そこは自分もセコさんの積み上げた力だと思っている。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

他を全く気にせず自分の演奏のみに集中することって難しいことかもしれませんが、この歳でこれほど他の人を意識してしまうことが少しかわいそうですね。
他人に全く興味を持たないよりかは人間らしくていいかもしれませんが。。

動揺しながらも、最後まで弾き切れたのはやはり普段からセコさんがしっかり練習できていたからでしょうし、メンタル面が強くなれば、きっと本番でもいい演奏をしてくれそうですね。

2011/10/27(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

セコさんは、いつも注目されていたいような感じの生徒さんで、それがプリさんなどの他人との比較ということに、意識がいっているようです。
しかも、今回の発表会では、リハさのプリさんだけではなく、本番もセコさんの直前に出演の方も素敵な演奏だったので、ますます動揺気味でした・・。

でも、いい経験にもなったと思うので、また次へ活かして欲しいと思っています。
2011/10/27(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。