• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会が終わり、レッスン時間に生徒さんや保護者さんに感想を聞いて、印象に残った演奏、良かった演奏、凄かった演奏など集計をしていると書いたが、その感想の集計もほぼ終了。
当然のように、皆さんから好評な演奏もあれば、自分があまり想像していなかった意外な人の演奏も人気があったり・・・これは、今後のためにも、参考になる。

途中集計の段階でも、プリさんの演奏が他を引き離して人気だったことは述べたが、他はどうだったかというと、ココさんの演奏は、やはり人気があった。あとは、大人のお兄さんなど。

小さな子から小学3,4年生くらいまでの生徒さんの曲は、どうしても小さな曲、初級の曲になりがちなので、印象には残りにくいようだ。

この年頃の初級の生徒さんの演奏も、よく聴こえるように、毎回選曲と演奏順を工夫しているつもりだが、今回の感想の集計では、このあたりの年頃で多くの方に好評だった演奏は・・・アサさんだった。
2曲弾いたのだが、きれいな流れの1曲目、そして迫力がある現代曲の2曲目というコントラストが、聴いている方々に強く印象に残ったようで、曲自体は初級から初中級の間くらいのものだったが、上手に聴こえたようだ。

逆に、キボさんはアサさんの直後だったために、自分も本番を聴いていて、ちょっと印象弱いかと思っていが、多くの方に感想を聞いたところでは、やはりキボさんの演奏を記憶している人は、ほとんどいなかった。
(キボさんだけではなく、アサさんの前後2人くらいの人の演奏は、感想集計では、ほとんど話題にあがらなかった)
キボさんにも、もう少し強い印象の曲を、2曲のうち1曲は選んであげるべきだったのかもしれないし、演奏順を逆にするという方法もあったのかもしれないが、これは今後の課題になりそうだ。

さて、出場生徒さんの演奏は、聴きて手にはどうだったのだろうか・・。
残念ながら、今回の感想集計では、出場生徒さんのベートーヴェンのソナタに、好印象を持った生徒さん、保護者さんはとても少数だった。
これは、テクニック上、あきらかに無理がありそうな感じがしたこと、そして表現がほとんど無かったことが要因だろう。

しかも、既にレッスンでこのソナタを弾いたことがある生徒さんの保護者さんからは、
「弾きにくい音を、省略でやっていたのでしょうか?」
との質問を受けてしまった?!

もちろん、音を省略していたわけではない。
省略していたのではなく、仕上がりの過程で少しずつテンポアップをしていったところ、細かい音が入らない箇所が数カ所できてしまった。
本番の4週前くらいまでは、それを通常の弾き方する指導をしていて、それは出場生徒さんもできていたのだが、あと2週間という時点で、少しテンポをあげると、やはり音が省略気味になってしまい、それを改善しようとすると、そこだけ拍から逸脱するとう現象に・・・

それで、拍子感が崩れるよりは、この省略気味の演奏で行くことにしたのだが・・・他の保護者さんや生徒さんなど、曲を知っている人、弾いたことがある人は、当然のように気がついていたようだ。

やはり、挑戦と無謀は違うということだが、出場生徒さん自身は、どう思ったかというと・・・(つづく)
コメント
この記事へのコメント
 発表会に関連した最近の お話を楽しく読ませてもらっています。私の通っているピアノ教室でも、先日、発表会がありました。そのため、演奏者の順番設定での苦労話や発表会に間に合わせるための指導について、ブログを読みながら、「なるほど」とか「私も練習不足で先生に危機感を持たれていたんだなぁ」などと感じているところです。
 私の場合、生徒のほとんどが小学生だったこともあってか、発表会のプログラムを事前に手渡される際、先生から「順番は学年順としました。同学年の生徒が何人かいる場合は、くじ引きで決めました。」と告げられました。今までなら特に何も感じることがなかったと思いますが、たまたまモリスさんのブログを読んだ後だったので、生徒の親たちを納得させるために先生方が対応に苦慮している状況を理解することができました。
 また、「発表会前に臨時のレッスンを入れましょうか?」と先生から提案された時には、発表会で演奏するにはかなり厳しい状況であることを思い知らされました。そんなわけで、発表会までの1週間は、とにかく練習時間を作って取組むことになりました(…でも、当然のことながら、本番ではボロボロでした)。
 長々とコメントを書いてしまい、すみません。今後も、興味深い話題が出てくることを期待しています。それでは。
2011/11/11(Fri) URL  | ミヤジ #-[ 編集]
ミヤジさん、こんばんは。

発表会お疲れ様です。
ミヤジさんのところの先生も、やはりプログラムの順番をかなり考えたのですね。
同じ学年ならくじ引きというのもいいですね、参考になります。

生徒さんの保護者さんの方々に納得してもらい、協力いただいての発表会なのですが、そのためにも自分は、選曲の事前の調査票だったり、プログラム順を早めにつくってから希望を聞いたりしていますが、それでも全員が納得というのは、難しいかもしれません。
臨時のレッスンも、言わなくても積極的に来たい生徒さんもいれば、そうでもない方もいるわけでして・・・この判断も、自分は、生徒さんによって結構違うかもしれません・・・。
2011/11/12(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。