• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演奏会の当日は、リハーサルの開始時刻よりも少し早めに会場入りして、調律の様子も拝見。
調律師さんは、リハーサルにも本番にも立ち会ってもらうので、気になる点があれば、そのたびに相談することができるわけだが、今回は調律の作業中から、少し見ていることにした。

ピアノは、よく目にするあのドイツ製のフルコンで、以前にも何度もこの会場では弾いているのだが、毎回微妙に違うのは当然であり、調律後の状態も少々気になるもの。

調律後に、サラっと弾いてみる。
・・・感触としては、悪くはない。
だたし、タッチの感じが少し揃っていないようにも思うので、凄く良いというわけでもないかもしれない。
欲を言えば、もう少し音の方向性を遠くまで、きれいに伸びてくれればと思うが・・・でも、全体的にはよく鳴っているとは思う。

演奏する椅子を選ぶ。
自分は、だいたい国産の演奏会用のスツールを決めているので、今回もそれに。
暗譜なので、ピアノ譜面台は使わないから、係の人にとってもらう。

通して弾いてみる。
このピアノは、タッチとしては幾分軽めなので、どの曲を弾いても、気持ち早めのテンポになっているような気がするが、許容範囲だろう。
最後のロマン派の曲を弾いていると、ピアノがよく鳴っているので、そのままどこまでも鳴らしてしまいたいような衝動が・・・でも、あまりにやり過ぎると、おかしくはないだろうか?

そう思い、客席でどのように聴こえているのか、立ち会ってもらった人に聞いてみると、
「いや、それくらいやっていても、いいと思う。これはこういう曲だと思うから、モリスさんの思うように弾いてOKだと思いますよ」
と言ってくれたので、自分もそれでいくことにした。

その後は、他の出演の方のリハーサルを少し聴き、あとは控え室などでゆっくりと休憩。
違う控え室にもピアノが置いてあり、そこで練習もできるのだが、自分は基本的には、ステージリハーサル以外はあまり弾かない。

演奏会の開場時間の少し前に、最後に数分間のみ弾かせてもらって、リハーサル終了。
あとは、開演時刻まで、ほんのわずかに食べ物を口にして、待機。
開場時刻になって、お客さんも少しずつ入ってくるのが、舞台袖のモニター画面で確認できる・・・おっ、今回は、結構来てくれているようだ。

いよいよ開演。
3組目の2番目なので、1組目の演奏はステージ袖で待機しながら聴くことにするが、結構すぐに出番がまわってくるような感じだ。
本番の直前は、いつものように(?)、携帯型のミント系の粒状のお菓子を数粒噛んで、準備完了。
そして、出演。

まずは、1曲目に弾く曲の簡単な解説をしてから演奏。
途中で一瞬、「あの音抜かした」と思った箇所があったが(おそらく、誰も気が付かなかったとは思うが・・)、自分がこの曲でやりたい素早さの中のクレッシェンドと、静かな歌の対比、さらに響きの作り方というのは出せたと思うので、良しとする。

2曲目についてのお話をしてから演奏。
この曲は中級者でも弾ける曲で、演奏自体は余裕があるはず・・・なのだが、実は暗譜としては一番心配でもあった。
やはり、シンプルということは、それだけ覚えにくいからだろうが、本番は集中できたので、よくコントロールできたと思う。
ただし、後半はもっと自由度の高い演奏にできたのが、少々歌い方が硬かったかもしれない。

3曲目についてのお話をしてから演奏。
この曲は、豪華な部分に至るまでの前半が重要。
ここであせったり、拍子感から逸脱するような演奏をすると、聴いている側を演奏に惹き込むことができないので、じっくりと弾きたいが、概ね良かったのではないかと思う。
後半は、この曲の演奏効果を最大限に発揮することが重要。
やはりというか、本番はピアノの鳴りが良いせいもあり、少々やり過ぎ感があったかもしれないが、それくらいの勢いは出せたので、これもだいたい良しだろう。

終わってみると、あっという間だったし、もちろん完璧ではない部分もあったが、手応えはあったので、まずまずだろう(その3につづく・・・)。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

演奏会出演、おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。

きっとその曲の良さを発揮された、いい演奏だったでしょうね。
3曲目も、きっとそういう曲でしょうから、やりすぎのように感じていらっしゃっても、迫力が客席に十分伝わって良かったのではないでしょうか。

曲の前に、少し解説を含めたお話があると、お客さんもより興味を持って演奏をたのしんでくれそうですよね。
近かったら聴きに行きたかったです♪

「モリスさんの本番前アイテムはミントか~」と、そんなところに目がいきました(笑)
2011/12/06(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ありがとうございます。
自分には(特に、今回の演奏会では)迫力ある演奏が求められているように思ったので、選曲もそのような曲にして、かなりしっかり強靭さを出す演奏にしてみましたが、これで良かったと思っています。

今回の演奏会では1曲ごとに解説をいれてみました。
少しわかりにくい近現代曲も入れていたので結果的に解説ありで良かったようです。

本番前には、ミントは効果抜群(何の効果?)ですから、おすすめです。
2011/12/06(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。