• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は、リハーサルから終演までの流れを書いたが、演奏会の時に最も気になるピアノの状態について、少し書いてみる。
この会場、そしてこのピアノは、何度か弾いていることは既に書いたが、調律によって、そして調律師さんによって、ピアノの状態には違いも出てくる。

今回は、特に何かを指定するわけでもなく、まずは調律師さんがニュートラルだと思うようにやってもらい、それを弾いてみて、少しずつ調整をしてもらうと思ってはいたが・・・
実は、自分は、こうした演奏会、コンサートの時の調律については、それほど注文を出すことはない。
欲を言えば、もう少しこうして欲しいということは、当然のようにあるわけだが、怖いのは、要求をした結果は、かえって良くないことになってしまうこと。

まさかと思う方もいるかもしれないが、過去の、とあるコンサートで2台ピアノの時に、自分ではない方が、調律師さんにあれこれを注文をつけていると、結果として、なんだか鳴りが良くないような状態になってしまったことも・・・。

そんなわけで、自分も今回は、細かい要求を言い出すとあったのだが、だいたい良しだと思ったので(客席で聴いている確認の人もそう思ったので)、あとは、開演直前の最終調律をしてもらい、終演まで立ち会ってもらうことだけで、良しとした。
(ちなみに、秋に出演したコンサートでも、当日は調律が入ると聴いていたので、自分は終演まで立ち会ってくれるものだと勝手に勘違いをしていて、リハーサル時に、一応、調整の要求ができるものだとばかり思っていたが、実際には、調律後にはすぐに帰ってしまった(?)ようで、違っていた。
これは、主催者さんに事前に確認しておくべきだった・・・)

さて、演奏会後というのは、結構すぐに反応がある。

終了後にすぐに、数人の知り合いからメールをいただいたことは既に書いたが、翌日にも連絡をくださる方がいたりと、反応がすぐにあることはうれしいものだ。

また、当日は、花束をいくつもいただいたり、中には詰め合わせのプレゼントまでつけてくれる方もいたりと、多くの方に気を使っていただいて、ありがたく思っている。
自分は、演奏会などに出演するたびに来てくださる生徒さん、保護者さんには、お花やプレゼントは大変ありがくうれしいが、チケットを購入してくださるだけで十分ですので、無理はしないでくださいと伝えているが、それでもわざわざ用意して気を使ってくださる方も多い。

そして、もう今週、すでに何人もの生徒さんにレッスンで会っているが、
「最後の曲、凄かった!」
と言ってくださる生徒さん、保護者さんがほとんどなので、豪華で演奏効果の高いロマン派の曲の魅力をわかっていただけた様子。
また、音楽専用ホールでの、お客さんが数百人規模の本格的な演奏会の、ピアノのフルコンの演奏を聴くのが初めての生徒さんもいて、
「凄い迫力だった」
と言ってもらえたので、ホールでの生演奏の良さは、初めての生徒さんにも伝わったようで、自分も一安心した。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんにちは

素敵な演奏会 おめどとうございます。
モリスさんの記事、今回もとても興味深く勉強になりました。

 本番のピアノと自分の溶け込み具合を上手に持って行けたときって気持ちの良いものだと思います。この関係って偶発的なものでなく、日頃の姿勢が重要だなっと最近感じています。
2011/12/10(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

ありがとうございます。
今回の本番ピアノは、何度も組ませてもらっているピアノなので、それほど心配もしていなかったのですが、やはり日頃からの心がけといいますか、感覚を研ぎ澄まし、そしてピアノと一体になるような姿勢は大事ですよね。
調律にも、欲を言うと、もう少し・・・があったのですが、記事に書いたように、良しとしました。
聴いてくださった方々の反応はとても良かったので、結果として正解だったと思っています。
2011/12/11(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。