• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の発表会が終わって2ヶ月近くが経ち、かなり気は早いが、譜読みにたくさん時間をかけられる今の時期に、レッスンの新レパートリーの譜読みと同時に、次回の発表会の入れたい曲などを、少しではあるが、考えている。

発表会の選曲は、ただ単に新しい曲を譜読みをするだけではなく、生徒さんの実力の伸び幅を予想(期待も含めて・・)しながら、過去数年で気になった点なども含めながら・・・。

そして、世の中の、ピアノ発表会と言われるものでは、どんな曲が演奏されているのかも、少しは調べてみようと、先月、そして今月と、他教室さんの発表会を2つ見学へ行き、プログラムを入手、演奏も少し聴いてきた。

2つの発表会のプログラムを入手して見学して気がついたことは、幼児や小学生低学年が弾くような小さな曲では、意外にも教本の曲をそのままたくさん使っていて、バスティンがグローバーの曲が、2人、3人と並んでいること。
これはある意味仕方がないことなのだろう。

小学生も3年生以上になってくると、曲目もバラエティーに富んでくるが、1つの発表会はギロックがかなり多い印象。
自分も、演奏力はそれほど無い生徒さんでも、多少は華やかに聴こえるようにと思い、ギロックを選曲することはあるが、かなり以前から、ギロックがたくさん重複するようなギロック祭りにならないようには、気をつけている(ちなみに、今年はギロックは1曲だった)。

小学5年生以上になってくると、本格的な曲も増えてくるが、1つの発表会では、ショパンとベートーヴェンが多く、きっと人気があるのだろう。

さて、こうして他の教室さんの発表会のプログラムを見て、演奏を聴いて、参考になることや、気がついたことも多かった。
例えば、見学へ行った2つの発表会では、シューベルトの即興曲は、どちらのプログラムにも入っていて、演奏も聴いていると、定番のシューベルトの即興曲も、あらためて人前演奏向きの曲だと感じた。

自分は、これまで、シューベルトの即興曲のうち、4曲くらいをレッスンでは使うことは時々あるが、どれも定番であり、同じようなことの繰り返しが多いので、発表会の曲としては、弾く方も聴く方も、飽きてしまうのではという気がしていて、発表会の選曲では、候補に入れることは少なかった。

だが、今回、小学生や中学生、大人の方がシューベルトを弾くのを聴いていて、ほとんどの方が、まだまだ不安定な演奏ではあったが、流れのある演奏の方が多く、聴いていて悪く無いと感じたので、自分も次回はシューベルトを久しぶりに発表会に入れたいと思ったが、定番曲の魅力を再発見といったところだろか。

ただ、自分のところには、例えばシューベルトの即興曲op.90-2 op.90-3 op.90-4 op-142-2などを、発表会で弾くことがちょうど良い実力の生徒さん・・・つまり、現段階で、古典ソナチネなどを普段から弾いたり、ショパンの簡単なワルツ、メンデルスゾーンの無言歌からシンプルな曲なども弾いていて、そろそろ中級レヴェルの少し本格的なロマン派の曲を・・・という生徒さんが、あまり多くないという現実がある。
来年への実力の伸びということを、少し期待値を大きく考えたとしても・・・それほど多くは無いだろう。

やはり、今の3~5年生くらいの生徒さんの演奏力を、もっと上げていく必要はありそうだ・・・。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

発表会が終わってまた、次へのステップを踏み出されているんですね、すごいなと思います。

私は生徒さん達が弾く対象の曲をあまり知らなかったので、知り合いの先生の発表会には全部聴けなくてもできるだけ聴きに行って、曲探しをしたりしていました。
年によってその先生の工夫やテーマなどがあったりすると来年はどうなるんだろうと楽しみでもあります。

他の教室の発表会を客観的に見ることで、新たな発見があって面白かったです。
2011/12/19(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

次のことを考える時間というのは、楽しいものですよね。
自分も、普段から指導レパートリーを増やすように心がけているつもりですが、他さんの発表会を見学にいったり、プログラムを見たりすると、新たな発見があって勉強になります。

テーマを設けている発表会も結構ありますよね。
「いろいろな国めぐり」などというのも以前に見て、良いと思いました。
2011/12/21(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。