• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事なので、楽譜は増える一方なのは当然だが、ただ増やしていけばいいというものでもなく、ある程度の方針のようなものがある。

例えば、自分としては、バッハ、ショパン、ドビュッシー、などに関しては、これまで使用してきた楽譜や既に持っている曲の楽譜の関しても、研究が古かったり、実用的に向かないものもあり、気が向いた時に買いたしているが、その買い足す版は、ある程度決まっている。

ベートーヴェンは、今のところ買い足しの予定はあまりない(ソナタ全巻などは、複数種類を既に持っているため)。
ラヴェルは、昔から使っているデュランのみというわけにもいかないので、買い足すこともあるが、どの版を主軸とするのか、2種類を少し迷いながらの買い足し。
モーツァルトは、以前から使っている楽譜は、実はあまり良いものではないとわかっているが、実用的にあまり困っていないのので、買い足しの優先順位は、今のところ自分の中では高くない。

そして、楽譜を揃えることに、版の方針がほとんどなく、気がついたらバラバラになってしまっているのが、シューマン。
下の写真は所持楽譜の一例。



左から、全音の標準版(アラベスク)、ウィーン原典版(子どもの情景)、ヘンレ版(ウィーンの謝肉祭の道化)、ブライトコプフのクララ・ケンプ版(幻想小曲集など)、音楽の友社の原典版スコダ校訂(子どものためのアルバム)。

全音はそれほど研究が行き届いてるようにも感じていないので、シューマンに関してはこれからは買うことは少なそうだ。ただ、最近の全音はラフマニノフやリストなど、充実した楽譜も出しているので、シューマンの将来は一新されることも考えられる。

ウィーン原典版は、シューマンに関しても良い楽譜だと思うので、これからも選択肢の1つ。ただ、ソナタなどは現時点では出版していないようだ(自分は、ソナタ2番はヘンレで弾いた)。

ヘンレ版は、楽譜の内容の質としてはよくわからない(?)が、自分としては珍しく、シューマンの楽譜選択で迷った時の、第1か第2の候補となることが多い。

ブライトコプフ社のクララ・ケンプ版は、演奏の参考にはなりやすいと思うが、原典版ではないので、これのみを揃えていくということにはならないと思う。

音楽の友社は、現在は白い表紙のシリーズとしては、シューマンはこれ1冊しか出していないようだ。今後新標準版シリーズとしてシューマンを出版していく予定は、あるのだろうか。

ということで、シューマンの楽譜に関しては、今のところバラバラな状態で、出版社がバラバラなので、曲は重複していたり、または抜けているものもあったり・・・他にも、例えばハイドンなどが、この状態かもしれない。

結局、生徒さんがシューマンを弾く場合には、全音でも良しということにしている・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。