• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽知識人さんとの最近の雑談のつづきを。

音楽知識人さん : あの出場生徒さんは?

モリス : それがですね・・・あの発表会のベートーヴェンのソナタの後は、普段のレッスンでは、一応身の丈にあった選曲にして、じっくりとやっていく方針でやっているつもりなのですが・・・

音楽知識人さん : うん、それで、あまり進んでいないと。

モリス : ええ、簡単に言ってしまうと、そのとおりです。まあ、出場生徒さんのお父さん曰く、「目標が無いとなかなかやらないタイプ」などということですが・・・そういった問題でもないかと・・・。

音楽知識人さん : 発表会のベートーヴェンの演奏も、一言でいうと表情の無いロボット弾きのような感じかな。

モリス : ええ、まあ、自分の指導力が至らなかったというのもありますが・・指導をやっても、フォルテとピアノの2種類の差をつけることも難しく状況でした。

音楽知識人さん : 他の生徒さんは、表現力ある人も多かったから、あの出場生徒さんの感じだと、いくら言っても、強と弱の2種類すらないというのは、もうこれは曲のレヴェルが高すぎだろうし、きっと簡単な曲でも音楽にするのは難しいのでは?

モリス : 本当にそんな感じです。発表会後は、教本の進み方がとても鈍くて・・要するに練習していないですね。

音楽知識人さん : お父さんが一生懸命だとしても、出場生徒さんは、ピアノは好きなのだろうか?

モリス : もう、まさに、そこだと思います。確かに、コンクール前とか発表会前とかは、練習はある程度するのですが、基礎が出来ていない今の状態を改善するのは、簡単な曲をしっかり仕上げることをやっていかないことには、この先の伸びは・・

音楽知識人さん : そうだよね、そんな状態では、伸びて行かないのは明白。だから、直前だけがんばっても、「演奏」とはならずに、それが発表会のロボット弾きに表れていたね。

モリス : ・・・やっぱり、そうですよね。このままでは、まずいとは思っているのですが・・・

音楽知識人さん : モリスさんは、結構ハッキリ言うタイプだと思うけど?

モリス : それが、どうにも、あのお父さんには、ちょっと・・・。

音楽知識人さん : ああ、やっぱりお父さんかぁ・・・

モリス : ・・そうですね。しかも、これからの時期は・・

(おそらく、つづく)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。