• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽知識人さんとの雑談のつづきを。

音楽知識人さん : ああ、やっぱりお父さんかぁ・・・

モリス : そうですね。しかも、これからの時期は、規模の大小はいろいろとありますが、いろいろなコンクールなどの情報も少しずつ出てくるので、もしかしたら、また・・・。

音楽知識人さん : それどれかに出場したいと?

モリス : ええ、言い出す可能性は、小さくないと思っています。昨年のコンクール出場後は、お父さんも、コンクールに出場する実力には達していないのが、よくわかったようなことは一応言っていましたが、それからあまり期間をおかないで、発表会曲にはベートーヴェンと言い出してので、本当はあまりわかっていないのが実情かと。

音楽知識人さん : そうだろうね。まあ、子どもに実力があると思いたい心境は、わからないでもないが・・・だけど、発表会のベートーヴェンを聴いた感じでは、あきらかに無謀曲だろうし、それに練習量が全然足りていないから、余裕も全くなく、音楽性も、あの程度の曲を弾くくらいに育っていないから、平坦なロボット弾きになっていると思ったね・・。

モリス : そうですね。練習は普段からかなり少ないですね。おそらく、自分のところの生徒さんで、最も少ないと思います。ピアノ歴は長くても、弾いてきた時間数が足りなすぎるので、弾いた感覚として曲を捉えるようなタイプにもなっていないし、テクニック的に優れているわけでもないので、実力より上の曲を期間に限定があるコンクールで仕上げるのは、もうかなり苦しいですね・・・もっと練習が必要だと、最近はこれでも結構言っているのですが、どうにもなかなか・・・これでも、上達できるように、やっているつもりではあるのですが・・。

音楽知識人さん : いや、モリスさんはキッパリと言う時は言うだろうけど、ガツーンと怒鳴りつけるようなタイプじゃないだろうし、毎日の練習は、保護者の協力というか家庭での指導は必須だろうね。そして、やっぱり、出場生徒さんは、「ピアノが好きなのか」ということになりそうだね?

モリス : はい、やはりそこだと思います。お父さんは、「うちの子はピアノが好きで」みたいに言うのですが・・・おそらく、「ピアノは好きだけど、譜読みは面倒だから練習は好きじゃない」といったところでしょうか。

音楽知識人さん : ああ、わかる気がするけど、やはり練習しないと演奏にあらわれていると思う。しかも、きっと出場生徒さんもお父さんも、発表会では、他の生徒さんとの実力差に気がついていないのでは?

モリス : はい、そうだと思います。難しい曲を弾いている生徒さんのことは上手だといっていましたが、同年代の中では、「うちが一番上手だった」と思っているのかもしれません。だから、「直前にかんばると出来るタイプ」というイメージが抜け切らないのでしょう。

音楽知識人さん : なるほどね。では、もしコンクールは出ないとしても、発表会にはモーツァルトとか、ショパンとか言ってくる可能性はあるだろうね・・・。

モリス : ははは・・・。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

モリスさんの最後の乾いた笑いがなんとも。。

楽譜を読むのも、実力よりはるかに上の曲だから余計にめんどくさく感じるのでしょうね。
かと言って、実力相応の曲では満足しないでしょうし、難しいものですね。
2012/02/01(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

すぐに読めない楽譜だと読むのが面倒だからやらない→譜読みがいつまでたっても早くならない、という悪循環になっているのは間違いなさそうです。
やはり、本当は基に戻るレッスンをやりながら、総合力をアップさせるべきなのですが・・・様々な事情(?)から、難しいですね・・・。
2012/02/01(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。