• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレンダーを見ながら、今年の2月は、もう1日あったのだと思ったが・・・なぜだろうか、何か今年の2月はちょっとバタバタとした感じがあった。

特に何があったというわけでもないが、手帳を見てみると、生徒さんのレッスンが全くない日、つまりは完全休養日が2月5日(日)と2月26日(日)の2日間しか無かっただろうか。

こう書くと、とんでもなく忙しいように思えるかもしれないが、そういうわけではなく、単に月曜日や土曜日の生徒さんが、都合により日曜日にしてもらえれば・・・というのが、今月たまたま続いただけの話。
自分は、一応、「日曜日は休みで振り替えは別の曜日に」ということにしているが、できる限りは柔軟に対応とも思っている。

と言っても、前記事で書いたように、これも本当は、生徒さん全員に対して公平にという考えからすると、微妙なのかもしれない。
それは、
「モリスセンセイは、日曜日は休みということになっているけれど、頼んだら、日曜日にも振り替えをやってくれる」というのを、長年の付き合いの生徒さんは知っているが、ここ最近だったり2年くらいまでの生徒さんは知らないということになり、明らかに平等ではないだろう。
だからと言って、
「実は、場合によっては、日曜日も振り替えは可です」
と、自分から生徒さん全員に言うのも変な気がする・・・。

一番良いのは、生徒さんに毎年手渡す教室の規約に書いてあるように、日曜日は完全休業に徹するべきなのだろう。
自分で作ったルールを、自分で破るのも良くないように思う。
ただ、普段から結構がんばって練習している生徒さんが、保護者さんの仕事の都合で送迎が難しい場合に、
「今週だけ、日曜日に来たいのですが・・・」
と言われると、自分も、つい、
「大丈夫ですよ」
と言ってしまう・・・

まあ、これは今のところ、良しとするか・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。