• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな子のレッスンをしていて、まずまず順調に進んでいると思っても、自分は最近はかなり慎重なので、本当に音名が頭に中に入っていて弾いているのか、それとも指番号や、音の上がり下がりだけでなんとなく弾いているのかを、いつも確かめるようにしている。
というのも、一応は形としては弾けているが、音は全然読めていないし、何の音を弾いているのかわかっていなかったということが以前にあり、それからは、結構慎重にやっている。

いくつかの方法をやるが、1つは、途中から弾いてもらうという方法。
途中と言っても、フレーズの途中のようなあまりに半端に途中から弾いてもらうような意地悪をすることはないが、
「では、ここから弾いてみて」と言ってみて、すぐに弾きだせない場合は、音をよく把握しないで弾いていることが多いように思う。

そして、これも定番かもしれないが、右手のメロディーの音名を言ってもらいながら弾くことをやってもらう。
つまり、「メリーさんのひつじ」だったら、
「ミーレドレミミミー、レレレー、ミソソー」
ということになる。
これが、Cメジャー(ハ長調)だとできるが、教本が進んで、調号はないが実質Gメジャー(ト長調)などが出てくると、全然できない生徒さんもいて、「ジングルベル」のGメジャート長調だと、
「シシシー、シシシー、シレソーラシー」
となるが、これを曲が簡単なうちに、できるようにしてもらう。

子ども用の教本は、数種類使っていて、生徒さんによっては2冊以上を併用しているが、耳馴染みのあるメロディーや知っている曲もたくさん入っているので、この段階で譜読みを自らの力で出来るようにしながら、さらに音名を頭の中で把握できるようになったもらえれば、後が結構楽で、ほとんど生徒さんが、クリアしてくれる。

ただ、今の生徒さんに、3歳からやっていてピアノ歴はもう5年くらいで、音符を読んで音を把握することはできるが、音名を言いながら弾くことがかなり苦手は生徒さんがいて、単音で音をいきなり弾いても、何の音なのかはわからないようだ。
ピアノを長くやっていると、ほとんどの場合には固定ドの音感がつくと思っているが、この生徒さんの場合には、そうではないらしい。
しかし、この生徒さんの場合、移調が凄く得意で、簡単な曲ならすぐに他の調に移調して弾くことができるので、音感としては移動ドということで、これはこれで良いと思っている。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

移動ドが得意な生徒さん、歌も得意かもしれませんね。
私はピアノを始めた時から固定ドだったので、小学校で移動ドで歌わなければならないのが苦痛だったのでうらやましいです。

移調して弾くのはかっこいいし、楽しんでくれる生徒さんも結構いますよね。
「ネコ踏んじゃった」を移調して弾いたらすごくウケて、生徒さんが真似したがって楽しかったです。

2012/03/18(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですよね、小学校では、なぜか(?)移動ドで歌わせることをやったりするのですが、あれは結構大変というか、子どもも意味がわかりにくいのでは・・・。

移調は、喜んでやってくる生徒さんは、とても得意になりますし、テクニックの面でも進歩が期待できるので、教本でもテクニックの本でも、移調は生徒さんにどんどんやってもらうようにしています。
2012/03/19(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。