• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの某巨大組織のコンクール要項が発表の日が近づいていた先月の末、自分は、
「きっと、そろそろ言ってくるだろうなぁ・・・」
とは思っていたが、案の定、やはり、やっぱり・・・・・あの出場生徒さんのお父さんから、
「先生!今年も目標があった方がよいと思うので、コンクールをよろしくお願いします!」
との、とてもはりきった言葉が・・・。

目標があった方が良いというのは、そのとおりだと思う。
目の前の明確な目標など無くても、上達していく生徒さんはたくさんいるが、この出場生徒さんの場合は、たしかにコンクールや発表会などといった人前で弾くという明確でわかりやすいものがある方が、練習は少しでもやってくるので、それは正解だろう。

だが、それは実力がある程度伴っていればの話であり、特に課題曲が設定されていて、その中から選択して弾くタイプのこの某巨大組織のコンクールは、昨年もそうだったが、出るだけでギリギリであり、現実的に厳しい。

ここで、昨年の出場シリーズなどをお読みいただいた方からは、
「昨年出場した級と同じなら、今年は少しは余裕あるのでは?」
という疑問の声があがりそうだ。
確かに、普通ならそうだろう。
課題曲が格段に難しいものばかりになったという大きな変更でも無い限りは、多少の難易度の差はあるとしても、同一級なら同じ程度の難易度設定なので、一度出場した級に出場する2度目は、普通なら余裕があるはずである。

でも、この普通ならというのは、「普通なら、昨年のコンクール時よりも、小学生なら実力が伸びているはず」の普通ということになると思うが・・・
実は、コンクール、そして秋が過ぎてから発表会もあったが、実力が伸びたようには、自分はほとんど思っていない。
しかも、発表会後から現在までの数ヶ月で、まともに仕上がった曲は・・・何かあったのだろうか?・・・。
初中級の教本も、3曲くらいしか進んでいない。
ただ、昨年末から新たに導入した練習曲集は、1課題が極端に短くて簡単なので、毎週進んでいはいる。

といった状況の中で、コンクールとなるが、おそらく、コンクール曲を2曲やると、また昨年のように、全てがストップで、コンクール曲の2曲のみといった状況になってしまうのではないだろうか。
それで、この1年間の実力の底上げは全然できなったので、せめて練習曲集だけでも、止まらないようにしたい。

いや、その前に、昨年も思っていたのだが、コンクールに出場するという自覚が、出場生徒さんにあまり感じられないのが、どうにも気になる。
お子さまならそれはいいとしても、小学生の高学年。
お父さんが言っているから出るなどという程度なら、本来は出ないほうが良いだろう・・・。

ということで、今年は、まずはそこから正していく(?)ことにしてみた・・・・・・おそらくつづく。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

今年も、来ましたか!
お父様のほうが目を輝かせている姿を勝手に想像して、ほほえましいなと思う反面、生徒さん本人の気持ちが気になりますね。。


2012/03/28(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

はい、今年も来ました(笑)。
いや、笑っている場合でもないのですが・・・なにか、このお父さんには、こちらが言っていることがあまり伝わっていないようでして・・・難しいものですね・・。
そして、生徒さんの本人の意欲なども、ちょっと・・・。
2012/03/30(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
お気の毒ですが
ここにコメントしていいのかどうかわかりませんが、この出場生徒さん親子の話、読むたびに笑ってしまいます。モリス先生はさぞや大変でしょうが、
どこまでも前向きというか、ノーテンキというか、
何があってもターミネーターのように何事もなく生き返ってくるというか。周囲がどう思おうが、このような楽天的なお父様、面白いです。こういう方はきっと幸福な人生なんだろうなあ。そして、今年もまたコンクール出場、押し切られるんでしょうね。
モリス先生はお疲れ様ですが、是非、顛末を詳細にお知らせください。
2012/03/30(Fri) URL  | どもわこ #-[ 編集]
どもわこさん、こんばんは。

そうですね。この生徒さん親子は前向きという捉え方もできると思います・・。
自分も、この出場生徒さんの実力が向上するように、そしてコンクールで良い演奏ができるように、最大限のサポートをしていこうとは思っているのですが、レッスンでいろいろと説明をしてみても、どうも今ひとつ伝わりきれていないことが多いのが、現状といったところでしょうか・・・。
特に、お父さんは、きっと少し勘違いをされているようなので、そのあたりを、今年はなんとか・・とは思っています・・。
2012/04/01(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。