• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の「改革」の記事にで書いた、「ご家庭での音楽を聴く環境」というのは、ピアノ歴が長くなればなってくるほど、教本が進めば進むほど、次第に上達してくるほど、実は演奏の質の大きく影響のしているだろう。
それは、以前からそう思っていたが、最近は特にそのように感じる。

例えば、スタッカートで、左手の和音の伴奏系で、四分音符が連続する曲を、初級の生徒さんが弾いている。
横で実演で弾いて聴かせると、多くの生徒さんは、なんとか真似をしながら、スタッカートでリズムをきざむ弾き方が少しずつできてきて、一応それらしくなる。

しかし、それは1週間後には、ちゃんと出来ている生徒さんもいれば、完全に元に戻っていて、ベタベタとしたような鍵盤を押し付けるような四分音符になっている生徒さんもいたり・・・
これは、その1回のレッスンで感じたことを、大きな刺激として脳に入ったかどうか、そしてそれを家でイメージしながら練習したのか、ということと関係していると思うが、普通は1回の実演を見たり聴いたりしただけでは、なかなか上手くはいかないもの。

だから、たくさん音楽を聴いて、いろいろな音楽のリズム感、メロディーの流れ、和声のバランスなどの刺激を、脳にたくさん入れて欲しい。
そうすることによって、レッスンで指導されたことが、練習で身につけることの速さ、確実さはより一層増してくるし、そこからさらに伸びてくる。
そして、最初に書いたように、上達すればするほど、たくさん音楽を聴いて感じているのかが、演奏の質に、明確な差となって表れてくるように思う・・。

わかりやすい例は、他にもたくさん。
例えば、ある生徒さんは、教本の曲を弾く時に、どんな曲を弾いても、だら~っと、ものすごく遅いテンポで弾く。
いや、遅いテンポというよりも、のそ~っと地をはうような感じの演奏で、テンポ感がない。
レッスン中に、横で実演を何度を聴かせたり、手拍子で誘導したりを根気強くやると、一応はテンポ感ができてきて、生徒さんも感覚をつかんだのか、それらしい演奏になってくる。
ところが、次週は仕上げと思い、1週間待ってみると・・・元に戻ったとは言わないが、やはり、どこかのそ~っとしたような重たい演奏になっている。
この生徒さんは、残念ながら昨年の発表会でも、あれだけ根気強く仕上げたつもりが、何と本番ものそ~っとした演奏になってしまった・・。

これも、日頃から音楽をもっと聴くことが、最も確実な解決方法だろう。
生演奏に行ける機会は現実的に少ないだろうから、録音物を少し聴くことから始めて欲しい。
送り迎えの車の中で何か聴くとか、電車の中でも何か聴くとか、家で勉強中にちょっとCDをかけるとか・・・

声部を聴きとれなんて、難しいことを言っているわけではなく、音楽を感じる心の芽を、少しでも育てて欲しいわけだが・・・これって、保護者さんが音楽に興味が無いと、現実的にはかなり難しいのかもしれない・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。