• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい年度でもあるし、最近、行くづまり感を感じる生徒さんにとっては、教本類を含めて、レッスン内容を全面的に見直しをするいい機会なもかもしれない・・・

そう思ったのが、先月のはじめくらい。
例えば、
「今年は、あの某巨大組織のコンクールへ出場をどうしようか・・・」
と、迷っているような生徒さん(出場生徒さんではありません、念のため。出場生徒さんは、迷ってはいないと思う・・・)や、教本類の進み方が停滞気味の生徒さんの数人のレッスン内容を、大幅に変更してみることにした。

レッスン内容の大幅変更の生徒さんは、3年生~5年生。
これまでにも既に何度か書いているが、自分のところの生徒さんのこの年代は、この1年ちょっとくらい実力の伸びが停滞気味であり、これより少し上の年代には実力で大きく引き離され、しかもこれより下の年代には追いつかれそう、または人によっては追いぬかれている・・・。

こうした状態について、2ヶ月くらい程前まで、自分は、どうにか急速に実力を向上させて、この年代の数人のレヴェルを、初中級から中級手前くらいの曲を弾ける程度まで上げたいと思っていた。

だが、この年代の数人は、少し大きめの曲を弾かせたら、それをきっかけに実力がジャンプアップしたり、課題を多くだしたら、それを何とかやってくるようなタイプ生徒さんではなく、皆、シンプルな教本を、通常よりもやや遅い程度ではあるが着実に進ませるが、ちょっと難しい曲になるとかなり停滞するタイプ・・・。
なので、あるテクニック本の終盤で、皆同じように停滞するし、ある教本の同じ曲で、同じように停滞気味に・・・。

そこで、短期間で急速に実力をつけさせて、今年に発表会までには、なんとかそれらしい曲を・・・という考えは、一旦忘れることにして、当分の間は、実力の底上げを徹底・・・つまりは、基に戻るレッスンに近いことをすることにした。

まず、テクニック本は、1巻から2巻へは行かずに、全くの別シリーズのテクニック本に入ることした。
やや簡単な本だが、今は数を弾かせることも大事であり、またスケールの弾き方の基本は徹底できる本になっているので、レッスンでもここは時間をかけている。
また、大きめの曲や、リズムなどが難しい曲を弾かせることも、一旦休止して、シンプル教本の延長上から外れていない曲を弾いて、尚且つ仕上げレヴェルを上げることも目指す。

さらに、レッスン時間内で、初見を大幅に増やすことにした。
生徒さんによっては、5曲、6曲、時間があればもっとやるが、とにかく簡単な初見で、新しい曲への抵抗感を少なくすることが目的だが、拍子や調号などの基本的なことを毎回のようにしつこいくらいに確認することもやっている。

ひとりの生徒さんについては、この数週間でかなり効果はあったようで、今のところ教本やテクニックの本の新しい課題を、不完全な譜読みでやってくることはなくなり、弾き方も自体も少しずつではあるが改善されてきたようだ。

小学1年生の数名の実力の伸びは急速であり、この3年生~5年生の年代は、単純に演奏力のみで判断した場合には、厳しい状態であり、それは今年の発表会では、誰の耳にもわかるくらいだと思う。
だが、ここはあせらずに、じっくり底上げをして・・・そのうち、ぐぐぐ~んと、この年代も伸びることを期待しつつ・・・
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

色んなレッスン方法を実行して生徒さんをひっぱっておられるモリスさん、すごいなと思います。
3~5年生くらいの生徒さん達と、中・高校生の実力の相当な差は、他の先生の発表会を聴いた時に私も感じたことがあります。
あの状態から、どうやって中高生レベルまで引き上げられたのか・・と素直にその先生をすごいなと思いましたが、毎日のレッスンの見直しや工夫、先生のご努力があったのだなと思いました。
2012/04/12(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

同じような内容の継続も大切なのですが、常にもっと良い方法はないものか、もっと生徒さんが弾きやすくて実力が伸びていくようなものはないかと、日々探したり試行錯誤の毎日かもしれません。
3~5年生くらいの中間層(?)は、実はどこの教室でも伸び悩む生徒さんが多い層ではあるようで、自分もそれはわかっているつもりですが、もう少し何とかしなければと・・・でも、じっくりやっていこうと思っています。
それが、いつかは中級レヴェルの曲を弾けるくらいになることを信じて・・・。
2012/04/13(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新しい年度でもあるし、最近、行くづまり感を感じる生徒さんにとっては、教本類を含めて、レッスン内容しをするいい機会なもかもしれない・・・そう思ったのが、先月のはじめくらい。例えば、「今年は、あの某巨大組織のコンクールへ出場をどうしようか・・・」と、迷って...
2012/04/11(Wed) 23:32:04 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。