• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンで楽譜を深く読むことを伝え、実演でも示し、生徒さんに理解で感覚的にもたくさん吸収してもらい、それを演奏に活かしてもらいたいが、実際にはレッスン時間も限られているので、全てができるわけでもない。

そこで、
「ショパンのノクターンなら、〇〇が弾く演奏がいいよ」
などと、録音物のおすすめを紹介したりもするし、自分も生徒さんに時々CDを貸すこともある。

生徒さんが借りていく作曲家といえば、ベートーヴェン、ショパン、ドビュッシー、だいたいこのあたりが多い。
自分も、知人の音楽知識人さんなどと比べると、CDなどはたくさん持っている方ではないが、この3人の作曲家のピアノ曲に限っては、結構持っているし、比較的質の良い録音を集めてある(つまり、自分の中で、ベストに近いと思われる決定版と、それには及ばないが良い演奏である次点版がほぼ決まっている)と思うので、生徒さんには、おすすめ版として貸しやすい。

例えば、ベートーヴェンは、ケンプ、バックハウス、ブフビンダーなどが弾くものを持っているが、以前に書いたように、最近はブフビンダーが生徒さんにも好評。
ショパンのワルツやノクターンも複数枚を用意しているので、生徒さんも聴き比べるのが楽しいようだ。
また、ドビュッシーも特に人気の「アラベスク第1番」はたくさん持っているので、生徒さんには何枚も貸して、お気に入りの演奏を見つけるように言っておくが・・・多くの生徒さんは、ベロフ(若い時の録音)を気に入ることが多いようだ。

これらの以外の作曲家のピアノ演奏についても、主要なピアノ曲やレッスンでよく登場する曲については、だいたいあるのだが、それがあまり固まっていない作曲家もいる。

そのひとりが、ブラームス。
もう半年以上も前だが、某コンサートに出演した後の打ち上げの席で、他の出演者の方に、ベートーヴェンのソナタのおすすめのCDの演奏が、本当にイメージどおりで参考になったという言葉をいただき(ちなみに、この時はブフビンダーではない人で)、自分もおすすめした良かったと思ったが、その話の延長上で、違う出演者の方がから、ブラームスの演奏で、何か良いCDなどは?と聞かれた。

即答できずに、少し考えたが、ルプーも持っていてまずまずの好演だと思ったこと、そして以前に借りてグールドも良かったとは答えたと思うが、その後が出てこない・・・。
そのうち、考えながら、ドイツ系、オーストリア系のピアノ曲演奏に定評がある人を何人かあげていったが、その時は考えているうちに、出てきたピアニストの名前がシューマン弾きなのかブラームスが得意なのか、混ざってしまって、よくわからなくなってしまった。

その後、この話はすっかり忘れていたのだが、また最近、いろいろと生徒さんの発表会用の曲の候補を考えている時に、楽譜を読んだり、いろいろな音源を聴いたりしていて、自分がブラームス弾きとしてイメージが残っていたピアニストは、どうやらペーター・レーゼルだったようだ。
実は、凄くいい演奏と思っているほどでもなく、ラプソディーなどだったらルプーの方がとも思えるし、数々のインテルメッツォなども、もう少しと思うところがないわけでもないが、それでも十分に素敵で、弾きたい人が参考に聴くにも良いとは思うので・・・
今後、聞かれたら、一応おすすめはブラームスは、ペーター・レーゼルということにしておこう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。