• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に、ピアノ歴(年数)ではなく、練習してきた総時間のようなもので考えることを書いたが、もう1つ、弾いてきた曲数というのも関係していると思う。

最近書いていなかったので、かなり間が空いてしまったが、生徒さんのアサさんの底力をつけようと、ここ数ヶ月やってきたわけだが、この春になって、かなり大きな方針転換をした。

1つは、テクニック本の見直し。
多くの生徒さんが使っている1課題が短めのテクニック本を使っていたが、少し難しい章に入ったところで、かなりの苦戦。
これでは、テクニックの練習ではなく、譜読みのチェックばかりになっていたので、年度末にちょうど何とか終わりに近づいたので、思い切って、もっと1課題が短くいテクニック本に変更してみた。
一時的に内容の程度は少し下がってしまうが、たくさん弾いて曲数をこなしていくことも大事であり、今はテクニック本で停滞することは避けようという判断。

2つ目は、フランスの2声教本をやっていたのだが、これは途中だが休止にして、他の多声教本に変更することにした。
フランスの2声教本をやって実力をつけていくことは、耳にも指にも大変有効だと思っていたのだが、今のアサさんの実力では難しかったのだろうか・・・
とにかく、かなり停滞気味だったので、馴染みの曲がポリフォニーになっているようなわかりやすい本に変更。
すぐに効果があるとは思えないが、弾けるようにはなってきている。

教本はこれまでどおりだが、できれば毎週2~3曲やってくることにして、そのかわりに曲集は一旦休止に。
これで、4冊の持ち曲体制だったが3冊に。
だが、教本は1~2曲だったのが2~3曲になったので、実質やることはあまり減ってはいないのだが、これまで4冊体制についてくるのがギリギリのような感じが特に今年になってからは感じていたので、3冊体制にすると、気分的にも少しやりやすいのではないかと。

そして、その体制が約2ヶ月が経過したが、効果はあったようだ。
教本のペースは上がって毎週2曲くらいは仕上がるし、テクニック本を半ランクくらいレヴェルを落としたせいもあり、どんどん進んでいて、特にスケールの弾き方が改善されてきた。
多声も知っている曲のアレンジものなので、譜読みのミスも減って、じっくりだが進んでいる。

当分はこの内容を維持して、譜読みをしっかりやること、そしてテクニックの底上げ、演奏力の全体の底上げを。
それが身についてきたら、少しそれらしい曲に挑戦という作戦にしようと思っている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。