• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークは、自分は少し休みをとったが、コンクールに出場を予定をしている生徒さんの何人かのレッスンはやることにした。

当然ながら、出場生徒さんを、何とかしなくてはならないので、前回のレッスンでゴーデンウィーク中でもピアノの触らない日は無いように念を押したわけだが・・・

練習をしてきたようには、少しは見える。
だが、この時期に、曲の冒頭から何度もつまづいているようでは、家で問題点を改善しようという気が無いのではないかと思ってしまう。
しかし、もうやるしかない状況なので、レッスンの時間内で、反復練習をさせるような、要するに訓練的な内容をやっていくことにした。

つまり、普通であれば、生徒さんが上手く弾けない箇所があると、それはフレーズの感じ方の勘違いだったり、指づかいの問題だったり、ペダルだったりなど、いろいろと要因があるわけだが、それを指導したり、生徒さんに気づかせるようにする。
そして、すぐにこの場は解決できればいいが、すぐには出来ないことが多いので、家での練習で、それを改善してくることになる。

このレッスンと家練習の関係が、出場生徒さんの場合はいつまでも出来ないので、毎週のように出来ていない箇所の指導を・・・しかも、家で練習すればちゃんとできるはずのことを・・・言うことになるが、もうこの状況であれば、レッスンの時間内で、できるまで何度でも弾かせるしかないだろう。

ということで、基本的に弾けていない箇所は、何度も弾かせて、とにかく表面上でも弾けるように、小節単位でやっていく・・・たった2ページの短い曲だが、この方法だと、恐ろしいくらいに時間がかかってしまった・・・。

もう1曲は、ゆっくりでもいいから、最後まで弾けることが目標だったが・・・どうして、まだ違う音があるのだろうか・・・。
そうした箇所も、訓練的に何度も弾かせて、とにかく脳の内部に正しい音だけでもいれないといく必要がある。

まだまだ練習時間の量が、単純に足りない。
底力のある生徒さんなら、1週間ちょっとがんばれば、これくらい曲はあっという間に仕上がり近くに持っていけると、出場生徒さんにはそんな力は全くない。

「練習時間はもっと必要です。1日に1時間半くらいでは、全然仕上がらないですからし、夜眠っている間に、魔術か何か不思議な力で、朝起きてみたら、突然上手に弾けるようになっていた・・・なんてことは、絶対に無いですから、とにかくもっと弾いてきて、成果を見せてください」
と、生徒さんにも、お父さんにも、かなり強調して伝えて、この日のレッスンは修了。

出場はすることに決まったが、これでは本当に、出場するだけになってしまうような気が・・・
コメント
この記事へのコメント
どんなレベルの話なんでしょう
モリス先生の文章を読んでいくうちに、この出場生徒さんの取り組んでいる曲はどのくらいのレベルのものなのかしら、と疑問がわいてきました。
2ページの短い曲・・・。
底力があれば1週間で形になる・・・。

ソナチネぐらいかしら?
エリーゼとか、トルコ行進曲ぐらい?

まあ、モリス先生も
「習った年数ではなく、弾いた時間数」
と仰っていて
私もすごく納得しましたが。
子供のころ、練習嫌いだったので
6年もやった割に全然上達しませんでした(^^ゞ

出場生徒さんは家での練習が、多分、
漫然と弾いているだけなのかもしれませんね。
部分練習とかゆっくり弾くとかせず
「5回弾いたから今日は練習した」みたいな。
私も子供のころそんなでした。
5回も弾きゃあしない。ははは。

モリス先生、good luck!

2012/05/18(Fri) URL  | どもわこ #-[ 編集]
こんにちは!

出場すると決めたからにはそれなりの練習をしてくるのが当然かとは思うのですが、きっと出場親子さんは「それなりの練習」が想像もついてないのだろうなと感じます。

公開レッスンなどで見かける生徒さんたちは「それなり」どころか、普段から相当な練習を積み、かなりの土台を作った上で、コンクールの課題曲をこなしていることが感じられるのですが。。

出場親子さんは、「ピアノを習ってる子どもたちのコンクール(言葉にしてしまえばある意味その通りでもあるのですが・・)」程度の、そんなに必死でない感じがするので、余計にレッスンが進みにくいのかもしれませんね。。

モリスさん、ファイト!!
2012/05/19(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
どもわこさん、こんばんは。

曲のレヴェルは・・・だいだい予想されているくらいだと思います、中級の一歩手前くらいといったところでしょうか。
ピアノ歴が長くて、このレヴェルに達していると、曲の長さが短くて2ページくらいであれば、形になるのにはそれほど時間はかからないのですが・・・

漠然と練習も、おそらくそうだと思います。
集中的に部分練習する箇所なども指示しているつもりですが、このゴールデンウィーク時点では、そうした練習をした気配はあまり感じませんでした・・・。
2012/05/20(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

全くおっしゃるとおりで、「それなりの練習」について、今年は、自分もかなり強調して言っているつもりなのですが、感覚として理解をしてもらえていない状況のようです。
このお父さんは、頭のどこかに、「うちの子は、直前にちょっとやるとどんどん仕上がって、しかも本番に強い」のような幻想(?)があることは、以前から感じていましたが、それは残念ながら今年も解消されていないようです。
それでも、自分も何とかがんばるつもりですが・・・。
2012/05/20(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。