• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に、文字通りに「出場するだけ」になってしまいそうになってしまいそうなゴールデンウィークのレッスンから1週間。
とにかく、何とか弾けているような状態にしなくてはいけないので、自分としても、出場生徒さんのレッスンには、一応かなりの気合(?)を入れている。

1曲目
こちらの方が、これまでは、とちらかというと何とかなりそうではあったのだが、この日のレッスンでは、左右のタイミングが会わない箇所が多く、かなり崩れているような演奏に。
こうした現象は、一応は弾けるようになってから、一旦崩れ気味になる場合にあることだが、演奏が仕上がりに近づく前に崩れるとは・・・そんなことあるのだろうかと思うほどだが、これが現実。

とにかく、ゆっくりとテンポを感じながら、左右をしっかり合わせて。
フレーズも大事。いきなり入りからドカっとアクセントなどいらないから、歌うように丁寧に、でも音は明快に・・・これらの改善からは、まだまだ遠いが、少しでも進歩したと信じたい。

2曲目
こちらの曲の方が、弾けてしまえば簡単なのだろうが、まだすべての音を把握できていないので、3箇所ほどで違う音を弾いてしまい、それを指摘すると、楽譜を見てあわてて音を探している。
この時期に、違う音を弾いてしまっているとは、普通の感覚からすると結構信じられないことではあるが、これも自分モリスの指導が甘いせいなのだろうから、じっくり付き合って、とにかく違う音を無くす作業に、かなり時間を使った。

あとは、全体に音のバランスが良くないので、これを何とかしないといけない。
何というか・・・つまり、この曲は、バッハではないが、この演奏は、バッハのインヴェンションとシンフォニアなどを弾いてことがない人が弾いているような演奏に、いかにも聴こえてしまうような、そんな感じで、簡単に言うと、出場生徒さんは、バランスも聴けていないし、声部にも気を使えていないので、音楽がとても漠然と鳴っている演奏になっている。

もちろん、これを改善するように、楽譜上の音が、それぞれどんな役割をしているのか、それを具体的に区別してい弾くと、このように弾くので、このように聴こえる、という実演は、何度も横でやっているのだが、出場生徒さんには、充分に伝わっていないのだろう。

それは、まあ、そうだろう。
なぜなら、普段は、こうした課題曲よりも、2段くらい下のレヴェルの曲を弾いているのだから・・・。

次週までに、2曲とも仕上げのテンポの7割程度で、ミスは完全に無しで通す。
これを目標としてみたが・・・これが、5月の中旬にこと。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

ふと出場生徒さんは一日どれくらい練習しているのだろう、と疑問に思いました。
そう難しいテクニックが必要なわけでもないだろうし、モリスさんもおそらくまだ一番弾けそうな曲を選んでおられるだろうし、単純に時間を増やすだけでも無理やり弾けるようになりそうなものですが・・

コンクールには間に合ってくれるといいですね。
2012/05/29(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうなのです。
課題曲には、難易度の差が結構ありますが、その中から、現実的に最も弾きやすい曲を選曲したわけですが、それでもこのような感じです。
1日に1時間でも足りないくらいですが、それでも30分でも弾いていれば、このようなことにはならないはずですが・・・間に合うのかどうか、かなり不安になってきました・・。
2012/05/30(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。