• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンクールや発表会など、暗譜で弾く必要性がある場合(自分は、発表会では、生徒さんに必ずしも暗譜をするようには指導していないが)には、どれくらいのタイミングで暗譜をするように指導するのかは、その指導者によって異なるだろう。

自分のことを振り返ると・・・子供の頃、発表会は暗譜で弾いていたが、先生に、「いつまでに暗譜するように」と言われたことは、無かったと思う。
逆に、早い段階で暗譜をすると、その後の仕上げに影響することにもなるので、おそらく中学生くらいからは、早い段階での暗譜をしないようには言われていたと思うが、本番の数週間前には暗譜といったところだったのではないだろういか。

今は、指導する立場であり、コンクール前の暗譜は、どの時期までにしてもらうのか。
これは、自分はおそらく遅い方だろうが、生徒さんには、だいたい本番の4週間前には一応は暗譜ということにしていて、できれば5週前には暗譜という感じだろう。
でも、コンクールに出場する生徒さんは、ほとんどの場合、この期限よりも前に、暗譜をしていることが多いが、それは要するにたくさん弾いているから、覚えてしまうのだろう。

では、出場生徒さんの場合は・・・
もう、本番まで、あと1ヶ月あまりという、5月も下旬になろうかいう時期のレッスン。

そろそろ、暗譜で弾いて欲しいが・・・などという期待は、全く甘いということを思い知らされるモリス。
暗譜などということよりも、この前の週に全部チェックして印をつけた音でも、まだ間違って弾いている箇所がある。
ミスして止まったり、弾き直しの箇所も決まっているので、これも5箇所ほどチェックしたが、改善されていない箇所が2ヶ所。

これでは、この週までに目標であった、「テンポは7割くらいでいいので、ミス無しで完全に通す」は、達成できずに、そのまま次週への目標に。
いや、既に、この時点で、どうやっても弾けなさそうな箇所は、多少グチャッと弾いていても、そのままにしておいて、全体として何とか形にするようにやる方法もあるが・・・できるならば、もう少し粘って、可能な限り解決していきたいと、出場生徒さんに言いながら、自身にも言い聞かせる・・・。

さてさて・・・本当にどうなってしまうのだろうか・・・いやいや、まだまだできるはず・・・
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です(@_@;)
昨年よりもなんだかモリス先生が焦っているような気がします。
だいぶマズイ状況とお見受けしました。
でも、ここ2週間ぐらいでエンジン全開、追い込めるかも~、本番にも強そうだし。
いっそ、失敗したらしたで、コンクールへの姿勢を改めるいい機会かも、ぐらいに考えたらいかがでしょう。
あのお父様がどう受け止めるかは微妙ではありますが。
2012/06/06(Wed) URL  | どもわこ #-[ 編集]
どもわこさん、こんばんは。

そうですね、かなり焦っているように、自分でも感じています。
とにかく、カタチという状態にはしようとは思っていても、それが見えてこないので、焦りに拍車が・・・

でも、これまでのコンクールや発表会などは、直前の2週間のがんばりで、一応はカタチ程度にはもってこれたので、今回もそうなるようにがんばるしかないです。
確かに、コンクールへの姿勢を改める機会ではあると思っています・・・。
2012/06/07(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。