• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会へ向けての連弾の組み合わせが、一応は見えてきたので、ソロ曲を本格的に決めていく必要がある。
数人の生徒さんには、曲の調査票を渡して、何度かやりとりをしているうちに、選曲の方向性が見えてきて、いくつかの候補曲に絞られてきた。

そうなってくると、これからは中級の生徒さん、そして中級には及ばないが一歩手前くらいの生徒さんの曲を、少しずつ具体化していく時期に。
既にショパンのワルツを数曲、ドビュッシーのアラベスク1番も弾いたり、古典のソナチネもある程度弾いてベートーヴェンやモーツァルトのソナタも難しくないものなが少しは弾いたくらいの中級の生徒さんであれば、曲の選択肢は広いので、生徒さんの希望も聞きながら、どのようなものをおすすめするのか迷う。
まずは、名曲や有名どころの曲を候補に入れ、それから有名ではないが味わいのある曲やカッコイイ曲なども候補に入れる。

逆に、中級の一歩手前くらいの生徒さんは、曲の選択肢が中級ほどには広くないので、これも結構迷う。
いや、手持ちの曲集なども探せばいくらでも曲はあるのだが、特に、小学5年生くらいでブルクミュラー25練習曲が修了、または終盤の実力で、ショパンのシンプルなワルツなら弾けるくらいの実力・・・しかし、1オクターヴが届かないといった時に、選曲には結構困ることも。

これくらいの実力だと、そろそろ邦人の「こどものための~」的な作品からは、抜け出したいらしく・・・こどものための作品にも、中学生、高校生、大人が弾いても似合う曲はたくさんあるが、小学生の5,6年生になってくると、ちょっと背伸びをして大人っぽい曲を弾きたい時期でもあり、「こども~」をついている曲集から選ぶよりは、もっと名の知れた大作曲家の作品の方が、カッコイイイメージを持っていることも。
でも、片手で1オクターブが届かないので、このあたりが難しい。

例えば、ソナチネアルバムに入っているような曲は、一部の曲を除いて、意外とオクターブが連発だったりする。
曲によっては省いても大丈夫ものもあるが、逆に曲によっては省いて弾くとちょっと違和感がある場合も。
そうなると、古典よりもロマン派で考えて、ショパンやシューマンなどで、それらしい曲をいくつか候補にするが、他にも異なるタイプの曲も候補に入れたい。

そこで、バロック作品であれば、これらのことを解決してくれるようにも思う。
D.スカルラッティや、バッハ、C.P.E.バッハなどの曲で、演奏効果の高い作品を選ぶのも方法の一つだろうが、それにはそれ相応の実力を伴っている必要があるので、インヴェンションに入るところ、入ったばかりでは、選択は限られるかもしれない。

さらなる一手としては、シベリウスやグリーグ以外の北欧系の作曲家、他にも教育的だったり教本作品ではないアメリカ作品というのを、ここ最近は探して考えているが、これらの中から実際にどれくらいの曲が、生徒さんの候補曲になり、そして実際に弾く曲として選ばれるのか・・・
譜読みも含めて、かなり長時間の作業になっているが、これが結構楽しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。