• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し間が空いてしまったが、出場シリーズ数回分をまとめて。

出場生徒さんに、過去のコンクールや発表会などの本番と、本番までの練習に関して、良いところがあるとするならば、
1つは直前にはやはり練習はある程度して演奏というカタチ程度には仕上げること(と言っても、不十分なレヴェルだが)、
そしてもう1つは本番はミスをしても最後まで集中力を切らさずに弾き終えること(これは、とても良いとは思う)の2つだろう。

6月の上旬。
ようやく直前練習のエンジンがかかってきたのか、近現代曲に勢いがでてきた。
和音のバランスを聴き分けて弾くことができていないので、少々雑然と聴こえてしまっているところは改善したいが、これは何度も指導しても結構難しい。
それから、どうしても止まって1度は弾き直しする箇所があるので、これを何度も練習。

もう1曲は、通せるが危うい演奏になっている。
どう言ったらいいのか・・・自転車に乗り慣れていない人が、細い道を走っているかのような危うさが・・・。
この危うさのままで、最後までいけるのならまだいいか(いや、本当は良くないが)、時々止まってしまうと、途中から再開できないことも・・。


6月の中旬。
近現代曲は、勢いはあるが、リズム感が少々躍動的ではないので、どうしても時々妙な停滞感があるが、これを改善するよりも、他の箇所で止まらにないことを指導するほうが、現実的に良いように思う。
普通であれば、気になる箇所の優先順位の高いところを改善していくが、出場生徒さんの場合には普段からの練習量の少なさから演奏力そのものが高くないので、現実的に改善できない箇所をがんばらせるよりは、改善できるだろう箇所に練習の時間を使いたい。

もう1曲は、どうもフラフラ運転状態に治らない・・・もうこれは、このまま行こうか・・・とも思ったが、これでは本番に大崩しそうな感じがするので、やはりもの凄く遅く弾くレッスンを徹底してみた。
すると、この日の終盤には、想定の8割のテンポくらいなら、フラフラ運転状態にはならずに通せるように。
もうこれ以上のテンポアップはいらないだろうから、この状態を確実にするように指導して、この日のレッスンをは修了。


コンクール前最終レッスン。
何の準備運動も無しに、本番と同じくいきなり2曲の通し演奏・・・うん、これではかなり危ない。
ここまで、直前の2週間のがんばりは見えたが、やはり普段からの練習が足りなかったので、こうした演奏の仕上がりだが、これは今の出場生徒さんの素直な実力とも言える。
だが、直前の直前でも、やはり何とか少しでも良くしたいので、1曲につき2つくらいのポイントを練習。
そして、最後にもう1度、2曲の通し。

よし、よくやっただろう。
課題曲に実力が届いていなくても、普段の練習があまりに少なくても、出場は生徒さん本人よりもお父さんの希望だとしても、それでも直前にはがんばって、それなりの演奏には近づいた。
あとは本番に、最大の武器である(?)集中力を発揮してくれれば、自分としては今回はそれで良いと思っている。

さて、本番は・・・
コメント
この記事へのコメント
おはようございます

出場生徒さん、直前がんばってなんとかなりそうになってきましたね。
演奏もハラハラしそうですが、本番に集中できることも大事なスキルの一つだと思うので、うまく乗り切ってくれるといいですね。

2012/06/29(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですね、直前練習でなんとかなるくらいには仕上がったのかもしれませんが・・・やはり危うい感じではあると思います。
本番の集中力でどこまでできるのか、ですね・・・。
2012/06/29(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。