• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノのコンクールというのは、規模や方向性などの違いはいろいろとあるとしても、会場に緊張感が漂っているのは、だいたいどこでもそうだろう。

会場をざっと見渡すと、何度も出ていて慣れていそうな人や、その保護者さんなどもいれば、初めてなのか2回目くらいなのか、落ち着かないような人も。
また、受付で、なにやら質問をしている人もいるが・・・だいたいが、質問しなくても既に手元の資料などに書いてあることだったり、掲示されていることであることが多い・・・。

さて、自分は、今回のこのコンクールでは、受付からの流れには、出場生徒さんには付きそなわい。
昨年に1度体験しているから、本人もお父さんもおわかりだろうし、他の生徒さんの演奏も聴くので、休憩時間に可能であれば、出場者が待機する控え室をのぞきにいく程度。
昨年やったような、出番直前でのアドヴァイスも無し。

さあ、出場生徒さんの級の演奏がスタート。
・・・
あれっ?こんな感じだっただろうか。
何だか、今回のこの級は、質の高い好演があまり多くないように思う。
級の半分近くの人が弾き終えて、良い音楽と思えるは、2名程度だろう。
中には、1曲目を弾いていて途中でわからなくなり審査員からカットの合図が。
さらに2曲目も混乱したのか、かなり弾いた後で最初に戻って弾き始めて、審査員からまたカットの合図が・・・。
(曲が長いと、時間の都合でカットされる場合はあるが、このような明らかに「もういいです」という意味のカットは、このコンクールでは普通はほとんど無いと思う・・・)

ああ、こうなると、さすがに心配になってくる。
どうしても上手く弾けない箇所は、それなりにグチャッとしていても通り過ぎるようにして、何とか仕上げた出場生徒さんの演奏。
そういった箇所は、いつも弾けていないのだから、そうやるしかないし、きっと本番でもそうなってしまうが、それを弾き直しをしないで通り過ぎるようにできるまでに、今回はかなり苦戦した。
つい弾きなおしをして、それがかえってわけがわからなくなることが通し演奏の数回に1回はあるので・・・本番というのは、そうしたクセがでやすいもの。

そして、いよいよ出場生徒さん。
1曲目の古典
冒頭から、テンポが落ち着くまでに時間がかかるが、最も危ない箇所がある前半は無難に乗り切る。
中盤以降にミスが多いが、いつもの演奏がそうなので、これも実力的には許容範囲。
全体的にデュナーミクの幅が狭くなってしまったが、何とかまとめることができた。

2曲目の近現代
少し勢いが無いように聴こえるのは、やはり緊張しているからだろうが、弾いているうちに少しずつ鳴ってきた。
と思ったら、危うい箇所の1つ目でかなりグシャッとした演奏に・・・でも、なんとか通りすぎることができたので、まあこれはこれで良しだろう。
普通、これだけのミスをすると、集中力が途切れそうになり、その後の演奏が雑になったり、しぼんだりすることもあるが、そうならずに集中力を保っている。
全体的に、リズムが崩れる一歩手前のような演奏なので、この曲らしさがかなり薄いが、それでも最後の音までなんとか辿りつけた・・・。

やはり、全体として準備不足、練習不足、そして課題曲に実力が及んでいない感は、本番の演奏に出ていたと思う。
それでも、今年も出場するだけは、出場したのだと思うと・・・なんとも不思議な感覚にもなった・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。