• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会の曲が少しずつではあるが決定してきている。

練習期間に余裕を持たせるために、ある程度実力のある生徒さんの曲から決めているが、あっさりと決めてしまう生徒さんもいれば、あれこれと数週間悩んで決まらない人も。
自分も、CDを生徒さんに貸したりして、
「じっくり何度も聴き比べてみて、好きな曲に決めたらいいよ」
と言ってみるが、発表会は生徒さん一人の持ち時間が限られているので(例えば、中級レヴェルくらいの生徒さんだったら、6分以内など)、CDで聴き比べをしても、良さそうな曲が2曲以上あると、どうするのか迷うのだろう。

6分というと、初級の生徒さんにとっては長いが(初級なら3,4分だろう)、中級くらいの生徒さんにとっては、それhど長くない。
6分の時間いっぱいを使ってベートーヴェンやショパンなどの曲を1曲弾いてもいいし、3分くらいの曲を2曲、または4分ほどの曲を主軸として、前菜のように軽めの2分の曲をつける方法もある。
弾きたい曲が、4分と5分の場合には、この2曲の組み合わせだとさすがに時間的に長いので、どちらか1つにしてもらい、他の曲を組み合わせることになるが、余裕のある生徒さんは、両方とも練習をして、あとで決めるという方法もあり、これは毎年、レッスンをして様子をみながら次第に決定していくことになる。

このように、中級、またはそれ以上の実力の生徒さんは、選択の幅が広いが、何度か書いているように、中級には至らない生徒さんで、特に年齢的には小学生の高学年になってくると、結構難しい。
小学生の低学年にある程度弾ける生徒さんが数名いるので、そうしたことを考えると、高学年の生徒さんで実力がもう一歩の方には、何か策が必要だとは以前から考えていたが・・・

「ゆったり系で何とかやる」、「本来はピアノ曲ではない編曲物も使うか・・」、「有名作曲家の作品だがしっとりゆったりな曲を」
などと、いろいろと作戦は考えて、曲をかなり探しまわってみたが、1名の生徒さんについては、今回はちょっと奇策(?)というほどでもないが、ポピュラーを主軸にしてみようかと思う。

ポピュラーと言っても、J-POPの歌手の曲だったり、アニメの曲ではなく、少し古い映画音楽とか、シャンソンなどをピアノ編曲にしたもので、大人の保護者さん達なら知っていそうなメロディー、尚且つ、子ども達は聴いたことがほとんどないだろう曲。
アレンジの選択には気をつけて、音楽的な雰囲気をしっかり出せるように、さらに生徒さんの実力に合わせて、難しい箇所は多少は易しめにしてあげる必要もあるだろう。

それを主軸の1曲として、さらに短くてゆっくり気味のクラシックのピアノ曲を組み合わせる。
これならば、他の生徒さんや保護者さん達にも、
「あの子は、ポピュラーみたいな編曲ものしか弾けないんだね」
と思われることもなく、それなりに演奏効果があるように聴こえるはず(たぶん・・・)という作戦。

今のところ、古いフランス映画の音楽から数曲目星をつけていて、自分が弾いて2名の方に聴いてもらったところ、ある1曲が、
「結構雰囲気あって素敵ですね」
「もとからピアノ曲らしく聴こえます!」
と、評判が良かったので、この曲を、小学生高学年の生徒さんにオススメしてみようかと思っている・・・。
(この曲の作曲家は、実はサティを弾いていて、CDも日本版で普通に発売されている・・・これだけのヒントでわかったらすごい!?かも)。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

どの曲かは全くわかりませんが。。
でも、発表会は生徒さん一人ひとりが主役の舞台、脇役になってしまうような子がいないように気を配られていてステキだなと思います。
生徒さん達が「あなたの曲よかったね」とお互いに言い合えるようないい関係になっていくといいですね。
2012/07/15(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

少しわかりにくいヒントだったかもしれません・・・。

それほど実力が備わっていない小学生高学年の生徒さんにも、どうにか演奏らしい感じにしてあげたいと思い、選曲に工夫もしているつもりなので、今回の作戦がうまくいくといいのですが・・・。
おっしゃるように、生徒さんがお互いの演奏を尊重し合うような関係になってくれると、最高だと思っています。
2012/07/17(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。